■曲に秘められた日本の歴史 第17回縮景園邦楽鑑賞会

いつ:
2018年10月21日 @ 11:52 PM – 11:53 PM Asia/Tokyo タイムゾーン
2018-10-21T23:52:00+09:00
2018-10-21T23:53:00+09:00
開催年2018
開催日2018年10月21日(日)

時間開演(清風館) [一部]10時30分 [二部]13時30分
内容筝や尺八は奈良時代に仏教音楽として取り入れられてから、時代の移り変わりと共に宮廷社会、武家社会へと拡がり、中でも筝は幕府が国楽としての制度を作り、明治維新まで日本独自の音曲を守ってきました。
その中には、この国で起こった様々な歴史的な事象を音楽という形にして残すために作られた曲が数多くあります。
この度はそうした曲を時代を追って演奏いたします。
皆様には音楽を通してこの国の歴史に触れ楽しみ、そして共に日本独自の音楽を守っていただきたいと思っています。
◆曲目
わだつみ(奈良時代)
千鳥の曲(平安時代)
稚児桜・八島(鎌倉時代)
六段(戦国時代)
新娘道成寺(江戸時代)
鶴の声(江戸時代)
磯千鳥(江戸末期)
限りなき喜び(明治維新)
会場広島県縮景園 清風館
住所広島市中区上幟町2-11
アクセス広島県縮景園HPでご確認ください。 http://shukkeien.jp/
主催者広島邦楽連盟
お問い合わせ先TEL:082-228-8693(広島邦楽連盟事務局)
参加費【観賞券】各2,000円
※縮景園入場料260円を窓口でお支払いください。尚、65歳以上の方は健康手帳(年齢の証明となるもの)をご持参ください。入場無料となります。

Comments are closed.