■特別展 金剛宗家の能面と能装束(9/2迄開催)

いつ:
2018年6月30日 @ 12:22 AM – 1:22 AM Asia/Tokyo タイムゾーン
2018-06-30T00:22:00+09:00
2018-06-30T01:22:00+09:00
開催年2018
開催日平成30年6月30日(土)~9月2日(日)
[休館日]月曜日(但し、7月16日、8月13日は開館)
◎会期中、一部展示替えを行います。
時間10時~17時(入館は16時30分まで)
◎ナイトミュージアム:会期中毎金曜日は19時まで開館(入館は18時30分まで)
内容京都の金剛流宗家が所蔵する能面と能装束の展覧会です。金剛流は、中世に遡る大和猿楽四座の一つとして長い歴史があります。昭和十年代に旧金剛宗家は一度断絶しましたが、その後能楽界の要請により、現在の金剛流が再興されました。
展覧会では、同家の伝来品に加え、新たに蒐集された能面、能装束のなかから名品・優品の数々を展示します。なかでも豊臣秀吉が愛蔵したという龍右衛門作の小面が「雪・月・花」の愛称で知られていますが、そのうちの「雪の小面」は金剛宗家の所蔵です。ちなみに三井記念美術館には、旧金剛宗家に伝来した能面が五十四面一括して伝わっていますが、このなかに「花の小面」があり、今回の展覧会では特別出品として「雪の小面」と一緒に展示します。雪と花の小面が時空を超えて久方ぶりに再会します。
◆土曜講座
7月21日(土)14時~15時30分
「能面を語る」
講師:金剛永謹氏(金剛流宗家)
会場:三井記念美術館 レクチャールーム
定員:50名
聴講料:2,000円(無料観覧券1枚付き)
土曜講座申込方法
A)美術館受付(チケットカウンター)で聴講料を添えてお申込みください。
B)FAXでの申込 三井記念美術館運営部(FAX番号 03-5255-5818)へ
①希望日②氏名③住所④電話番号⑤FAX番号をご記入のうえ、お送りください。受講可能な方には、三井記念美術館より別途聴講料のお支払方法についてご案内いたします。
※申込先着順にて受付、定員になり次第締切りいたします。
※最新の情報は三井記念美術館ホームページでご確認ください。
会場三井記念美術館
住所東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階 ◆三井記念美術館入口(三井本館7階) 日本橋三井タワー1階アトリウムから入り、左奥の階段を上って三井本館の専用エレベーターをご利用ください。
アクセス・東京メトロ銀座線「三越前」駅A7出口徒歩1分
・東京メトロ半蔵門線「三越前」駅徒歩3分A7出口へ
・東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅B9出口徒歩4分
・都営浅草線「日本橋」徒歩6分B9出口へ
・JR「東京」駅(日本橋口)徒歩7分、「神田」駅徒歩6分
・JR総武快速線「新日本橋」駅徒歩4分
・メトロリンク日本橋(無料巡回バス)乗降所「三井記念美術館」徒歩1分
※三井記念美術館には専用の駐車場はありません。公共交通機関等をご利用ください。
主催者三井記念美術館、金剛能楽堂財団 
お問い合わせ先TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttp://www.mitsui-museum.jp
参加費一般1,300円/大学・高校生800円/中学生以下無料
◎ナイトミュージアム割引:会期中毎週金曜日17時以降のご入館で一般1,000円、大学・高校生500円となります。

Comments are closed.