■近世~近代の東山を歩く ~近代京都復興の拠点と観光のまなざしの変化~

いつ:
2018年12月16日 @ 12:35 PM – 1:35 PM Asia/Tokyo タイムゾーン
2018-12-16T12:35:00+09:00
2018-12-16T13:35:00+09:00
開催年2018
開催日平成30年12月16日(日) 

時間集合:13時30分(13時 受付開始)
解散:16時頃 祇園 八坂神社
内容明治維新150年紀に肖って、近世~近代京都の主要舞台となった東山を散策します。近代京都復興の原動力となった琵琶湖疏水関連史跡を眺めつつ、江戸時代に京都で「もっとも美しい名所」と呼ばれたところはどこか、現在の京都の景観との比較も行いながら歩いてみましょう。
講師:天野太郎先生(同志社女子大学教授)
随行:朧谷 壽先生(同志社女子大学名誉教授)
[見学コース]
南禅寺三門→南禅寺水路閣→疏水分線→琵琶湖疏水(設計技師・田辺朔郎碑・インクライン)→疏水記念館→知恩院三門・梵鐘→安養寺→円山公園→八坂神社南門
会場集合場所:南禅寺 三門前(晴雨不問)
主催者一般社団法人紫式部顕彰会
お問い合わせ先TEL/FAX:075-491-6151(月・水・金/9時~17時)
E-mail : murasaki_shikibu_@nifty.com
ホームページhttp://murasaki-shikibu.la.coocan.jp/
参加費会員2,000円 会員外2,500円 学生1,000円(会員は無料)
※会員の方は、会員証をご持参ください。
申込方法締切り:12月10日(月)
申し込み:紫式部顕彰会 事務局
月・水・金曜日/9時~17時
〒603-8132 京都市北区小山下内河原町1-1-302
TEL/FAX:075-491-6151
E-mail: murasaki_shikibu_@nifty.com
電話・ファックス・E-mail・郵送のいずれも受付ております。

Comments are closed.