[第七巻:きものがたり]

古典の日絵巻[第七巻:きものがたり]

古典の日絵巻第七巻 きものがたり

ブッシュ元米大統領のローラ夫人(右)後ろは、市田ひろみ氏が揮毫した自作の詩(於:2008年洞爺湖G8サミット)


服飾評論家、他、幅広くご活躍されている市田ひろみさんが、
和の生活文化の古典ともいえる“きもの”の魅力について語る「きものがたり」。
先生直筆の原稿から先生の語りが聞こえてきそうです。
どうぞお楽しみください。

第一号 平成30年4月1日

サミットの思い出
服飾評論家 市田 ひろみ

「何が本職ですか?」と聞かれることがある。たしかに多くのジャンルの仕事をしているが、やっぱり日本文化の紹介というのが多い。
 外務省や新聞社からお話を頂くと、私は主催する日本和装師会の大体4、50人のメンバーでブラジル修好百年、メキシコ日本人移民百年、EUジャパンフェストなど、主催団体の思いを演出してきた。
花嫁ショーであったり、十二単のショーであったり、日本の四季であったり、日本和装師会のメンバーは、充分、モデルをつとめてくれる。
こうして、私は、世界の107都市で、文化交流のショーをしている。勿論、日本国内でも『源氏物語』を語りながら、宮廷の礼装である十二単を語る。
2008年、源氏物語千年紀では洞爺湖サミットだった。
まず、たて1m50cm、横5mのパネルに自作の詩を書いた。日本の書道は、どこで実演しても人気がある。
ブッシュ元米大統領のローラ夫人が、書のコピーがほしいとおっしゃったので、60cmの15cmに書き直して、ホワイトハウスに送った。
世界のロイヤルコスチュームで、千年以上形の変らないロイヤルコスチュームを持っているのは日本だけ。
それも天皇家の式服として、現実に着用されている。
サミットでは、当時のロシアのメドベージェフ大統領の奥様も初めて見た「十二枚すべて絹?」とびっくりされていた。
きものは、もはや「ビューティフル」をこえた。
「レスペクト」だ。
「守りたい」「伝えたい」という思いが、この文化を伝えてゆくのだ。

※日本和装師会…市田ひろみさんが会長を務める会です。京都を中心に各教室に通う人達と和の文化を楽しみかつ学んでいます。
http://nihonwasoushikai.g.dgdg.jp/home.htm

TOPに戻る

古典の日絵巻[第七巻:きものがたり]

古典の日絵巻第七巻 きものがたり

第二号 平成30年5月1日

きものいろいろ
服飾評論家 市田 ひろみ

三月十二日、京都。二条城の南にある未来学園の卒業式に出席した。
会場の前半分は卒業生。後半分は生徒の父兄。
いずれもきもの。きっと 早くからヘヤーメイク、着付けをして来たのだろう。
卒業生の装いも 多様だ。振袖、訪問着。訪問着に袴、振袖に袴。残念ながら 振袖の上に袴をつけると、せっかくの振袖の上前のもようが見えなくて惜しい。
父兄達もほとんど きもの。訪問着や色無地。
一年生に時は、足袋をはくのも大変だった生徒達が、正装の着こなしで 別人のようだ。
袴の色もいろいろ。大和和紀さんの『はいからさんが通る』で、主人公の袴姿が大きな流れを作った。
きこなしは、この十年 自由な着こなしでびっくりするものがあった。
振袖を着て、袋帯を前結びにしたり、片方の袖を通さず、肩抜ぎにしたり、帯あげのところにミンクをはさんだり。しかし、この二~三年で着こなしも、伝統的なもようのものとなり、品の良い きものもようが見られる。
学園に入学した頃は、足袋もはけなかった人達も、今日の卒業式には、振袖をきっちり決めて、にこにこ笑顔。
日本人は、冠婚葬祭を 守り 伝えている。
お宮まいり、七五三、十三まいり、成人式、結婚式、葬式。日本に伝えられた通過儀礼を見ると、人生のふし目ふし目に 衣を正し、手をあわせて来たのだ。
式典が終わって、ほっとしたのか、にぎやかなおしゃべり。
お互いのきものや帯の話題。
こうして、この子達も大人の仲間入り。成人式も二十才から十八才に変る。
これからは、自分の作る人生だ。
ふと見ると袴姿の生徒の足首が黒いスパッツ。
足袋の上から黒いスパッツがのぞいている。これはまずい。
階段の上り降り。車の上り降りに必ず見えるので、下着はひざまで、ひじまでと気をつけてほしい。きものを着た時は、いつもあなたが主役だ。

TOPに戻る

古典の日絵巻[第七巻:きものがたり]

古典の日絵巻第七巻 きものがたり

撮影©中田昭

第三号 平成30年6月1日

鐘の音
服飾評論家 市田 ひろみ

仕事柄 旅が多い。新幹線で上京する時は、必ず CかDの席をとる。
進行方向 左側に 富士山が見えるかどうかだ。
夏は、ほとんど絶望的だけど 冬の寒い日、そして晴れている日は、希望が持てる。
その日も 早朝ののぞみで 東京へむかった。
今日は、もしかして 富士山が見えるかも。
名古屋を出て、静岡にむかう頃から 富士山が気になる。
大正解。青い空に 雪をかぶった富士山。絶景だ。
乗客の何人かは、カメラをむけていたが、知らずに寝ている人もいる。
寝ている人 みな おこして この美しい富士山を見せてあげたいと思っていたら、突然 車内放送。
「お知らせいたします。只今、進行方向 左側に美しい富士山が見えます。…」
よかった。しかし こんな美しい 富士山も久しぶりだ。良いことありそう。
親切な 車掌さんの配慮で ほとんどの乗客が 美しい 山の姿を見た。
その時、車掌さんが通路を通ったので、「今の放送良かったわ 」と言ったら「いやー、そう言って頂くと ほっとします。私は 東海道 ひとすじ やって来ましたが 今日のような 美しい富士山は久しぶりです。でも 叱られることもありますので。」
? ?
「寝てるのに うるさい。放送するな!!」
なる程 なる程。車掌さんも いろいろ苦労してるのだ。
京都は お寺が多い。寺の鐘を 朝夕、聞けるところもあるが 聞けない寺もある。
我が家の近くにある寺は 朝 五時に 鐘がなる。名鐘らしくて 静かに 身体にしみこむような鐘だ。
除夜の鐘は絶品だ。京都の底冷えの 痛いつめたさの中で 波調をととのえて ひびく鐘の音は心にしみる。
「御近所が うるさい いわはりますさかい うちは 朝の鐘 やめました」と聞いたことがあるが。
そんな少数派のクレーム 気にせんと 鐘の音を聞かせて ほしい。京の鐘の音は 静かな もてなしでは ないだろうか。

TOPに戻る

古典の日絵巻[第七巻:きものがたり]

古典の日絵巻第七巻 きものがたり

「山の端にかかる満月」撮影/中田昭

第四号 平成30年7月1日

京の月
服飾評論家 市田 ひろみ

我が家の南西のテラスが月の通る道だ。
三ケ日月も満月も美しいが 雲とたわむれる月も素晴らしい。
私は 東山から 天空に くりひろげられる月のたわむれを見るのが たのしみだ。いずれにしてもこの月のたわむれは 私を遠い中国の土地にはこんでくれる。
一九四五年。私達一家は 中国、上海から日本に帰ろうとしていた。
太平洋戦争は すでに終焉を むかえていることを子供達も知っていた。
移動手段は 汽車。中国大陸 縦断の十三日間の旅となった。
父は会社の残務整理のため 家族を 北京まで送って再び 上海へ帰らねば ならなかった。
それぞれがリュックサックひとつの旅。私のリュックには文房具、成績表、着替、衿巻きと手袋、これが私のすべての財産だった。
上海から南京 そして 北京をめざす。
長江(揚子江)へ。海のように広く 茶色い大きな波が龍のようにうねっていた。
徐州を出て何時間たったのか 突然 機銃掃射(※-1)でおこされた。
列車は急停車をしたまま 動かない。機関車に穴があいたのだ。
陽は落ちて漆黒の闇の世界、砂を巻きこんだ強い風が窓を打つ。恐怖の 大陸縦断にたえて北京へ着いた。
家族四人の最後の夜 父はあした 私達を送ったあと一人で上海へ帰る。
眠れない夜があけて 私達は 北京駅にむかった。
大混雑の北京駅のホームで 父は ほかほかの豚饅頭を帽子いっぱい買って来て私たちに渡した。
「お母さんの言うことをよく聞くんだよ」
特別列車興亜(こうあ)は静かにホームをはなれた。

子等をのせて 興亜は()てり燕京(えんけい)に(※-2)
寒暁月と 我は残れる(※-3)

ホームに立つ父の姿は 私の涙ですぐに消えた。
北京駅から一年後、父は帰国して 又 ひとつの家族になった。
いろんな月があった。
私の記憶は あの帰国の旅とともに よみがえる。
天空にさえわたる 故宮(紫禁城)にかかった月も 徐州で 危機を迎えた時も そして今 京の町にひたすら 天空に冴える月も 過ぎ去った日の小さなまぼろしだ。

(※-1)機銃掃射…機関銃で敵をなぎ払うように射撃すること(wikipediaより)
(※-2)燕京…北京のこと
(※-3)寒暁月…凍てつくような冬の夜明け前に出る月です

TOPに戻る

古典の日絵巻[第七巻:きものがたり]

古典の日絵巻第七巻 きものがたり

明日香村教育委員会「高松塚古墳壁画 西壁女子群像」

第五号 平成30年8月1日

衿あわせ
服飾評論家 市田 ひろみ

びわ湖の花火の夜。
エレベーターに乗って来た カップルの女性の衿を見て はっとした。
左前だったのだ。
きもの・ゆかたの衿合わせは 右衿を先にあわせて左をあわせるのが、右前。
逆に 左をあわせて 右を あわせるのを左前。右襟着装法(うじんちゃくそうほう) 左襟着装法(さじんちゃくそうほうと呼ぶ。
彼女は逆に あわせていた。
私は彼女を ちょっと手招きして
「衿合せが逆ですよ。直してあげましょうか、すぐ出来ますよ!!」
彼女はへえー?
彼氏は意味がわからない。
私は 柱の横で、右衿、左衿の説明をしてあげた。彼女は 彼を見あげて
「どうする??今日は このままで良いか 良いです」
と言って行ってしまった。
このままで 良いわけは無いけど。
日本のきものの 衿合せは 実は その日の気分で 良いわけではない。
遠い昔は 日本も 左前だった。何度も出た衣服令の中で 今日のように 右前にととのえられた。
西暦七百十九年、天正(げんしょう)天皇の養老三年二月三日に出た衣服令(えぶくりょう)に こう 記されている。
初令 天下百姓 右衿(天下百姓をしてえりを右にせしむ)と続日本紀に記されている。過去 左前だった衿合せは 実は時をへて 右前になった。
実に 一三〇〇年も 衿合せは 右前を守りつづけることになった。
四~五世紀の埴輪などには 多く 左前も見られるが、先に中国にあった 左前の着衣法は 早く 中国の 先人達の 着衣法に見られ 日本も 左前から 右前に 移ってゆく。
高松塚の 西壁の 四人の女性像を見ると 左前であったことがわかる。
二二〇〇年前の 湖南省 馬王堆(まおうたい) 漢墓(かんぼ)に眠っていた女性 辛追(しんつい)も 右前に着ているし、 副葬品の二六六体の木桶(もくよう)(人形)も 右前に着ている。
日本では現在 御遺体を 棺に入れる時 きょうかたびら(経帷子:ひとえの白いきもの)を左前に着せる 習慣がある。
花火の夜 左前のゆかたのお嬢さんも 知らないから 左前に着ていたが、衿合せをとっても 日本人は ていねいに 昔ながらを 守って来ていることがわかる。

TOPに戻る