第10回 (2018年)

第10回「古典の日」朗読コンテスト(2018年)

第10回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会と表彰式が開催されました

 11月11日(日)に第10回目の朗読コンテスト最終審査会が行われました。初めて京都府立京都学・歴彩館が会場となりました。

 今年は明治150年を記念して、明治文学作品から4作品が課題となりました。その為、昨年までの古典作品と比べて文体が馴染みやすかったのか、多くの方にご応募をいただきました。しかし、今年はかなり応募作品に偏りがありました。

一般部門 中学・高校生部門 合計
中学生 高校生
舞姫 59作品 25作品 29作品 113作品
にごりえ 114作品 16作品 11作品 141作品
福翁自伝 19作品 10作品 12作品 41作品
坊っちゃん 64作品 78作品 76作品 218作品
合計 256作品 129作品 128作品 513作品

 最終審査会は、まず中学生3名から始まりました。3名中2名が昨年からの連続出場者です。そして、次に高校生の4人、一般の8名の方の発表でした。文体が現代文なので例年よりは聞いている方々も、物語の世界の中に入りやすかったのではないでしょうか。また、同じ文章でも朗読者によって、これほどまでに浮かぶ情景が違うものかと、驚き、また朗読の奥深さを感じました。

 最終審査会出場者15名の朗読を終えると、その余韻のまま、昨年に続き伍芳さんの古筝の演奏と漢詩朗読でした。古筝の音色が素晴らしいのはご存じの方も多いと思いますが、今年は世界の詩文朗読として、漢詩朗読もしていただきました。伍芳さんは声も素敵で、漢詩と古筝が素敵に合っており、曲の間に漢詩と演奏曲の丁寧な解説がありました。古い時代の中国に思いを馳せた方も、多かったのではないでしょうか。

 休憩後に、過去の大賞受賞者3名の受賞作品の映像を上映しました。第5回大賞【一般部門】村上秀行さんの『なめとこ山の熊』、第6回大賞【一般部門】宮下郁子さんの『源氏物語』「若紫」、第8回大賞【中学・高校生部門】伊東知穂さんの『源氏物語』「浮舟」でした。大賞の方の朗読は、何度聞いても引き込まれます。

 厳しい審査の中、8名の受賞者の発表がありました。8名の方の受賞が決まりましたが、今回受賞を逃された方も513名の中から選ばれた方々なので、みなさんがとてもすばらしい成績を収められたと思います。

 審査委員長の菊川德之助先生の審査講評は、毎年ユーモアいっぱいです。先生の衣装は10年間変わっていないという告白から、古典も昔からその文体、文章、語彙は変わらないが、この舞台に立って朗読する方は新しい時代に見合った光を当てて朗読してくださっている。同じ題材でも違って聞こえ、新しい魅力で朗読してくださっている。また、中学・高校生の成長が素晴らしく、予選時の朗読より数段良くなっている。この成長を大人の方が負けないようにしていくにはどうしたら良いか今後の課題だということを、審査員5人で話し合われたそうです。そして、最後にさらに古典が広く皆様に読まれることを祈っている。と、コンテストを締めくくってくださいました。

 第10回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会と表彰式も無事に終わりました。次回第11回に向けて事務局も準備を進めてまいります。来年も皆様からの沢山のご応募をお待ちしております。

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

■会場風景

■総合司会・審査員


星野 祐美子(フリーアナウンサー)

菊川 德之助・端田 宏三
宮田 圭子・三好 仁・中村 宏

■主催者代表挨拶


古典の日推進委員ゼネラルプロデューサー
山本 壯太

■来賓挨拶


文化庁 地域文化創生本部事務局長
松坂 浩史

■最終審査会出場者 朗読

<中学生>

朝長 桜
(長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3年生)
作品:『坊っちゃん』

岸 ふみ
(長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校2年生)
作品:『坊っちゃん』
 

野村 虹乃
(兵庫県・啓明学院中学校2年生)
作品:『にごりえ』
<高校生>

重枝 希呼
(大阪府・東海大学付属大阪仰星高等学校3年生)
作品:『にごりえ』

近藤 紫
(愛知県・南山高等学校女子部1年生)
作品:『福翁自伝』
 

井上 己新
(大阪府・明星高等学校1年生)
作品:『舞姫』

西村 功我
(東京都・日出高等学校1年生)
作品:『坊っちゃん』
<一般>

山本 寿実(東京都)
作品:『にごりえ』

最所 久美子(大阪府)
作品:『坊っちゃん』
 

山木 梨花(兵庫県)
作品:『にごりえ』

熊澤 祥子(神奈川県)
作品:『坊っちゃん』
 

藤本 睦美(大阪府)
作品:『舞姫』

橿尾 志津子(福井県)
作品:『にごりえ』
 

村上 征夫(大阪府)
作品:『福翁自伝』

野中 栄子(福岡県)
作品:『舞姫』

■世界の詩文朗読 中国古筝の演奏と朗読


伍 芳
 

■映像「古典の日朗読コンテスト大賞受賞者の朗読」上映


第5回大賞【一般部門】
村上 秀行
作品:『なめとこ山の熊』

第6回大賞【一般部門】
宮下 郁子
作品:『源氏物語』「若紫」
 

第8回大賞【中学・高校生部門】
伊東 知穂
作品:『源氏物語』「浮舟」

■審査発表・表彰式


大賞:古典の日推進委員会会長賞【一般部門】
山本 寿実
作品:『にごりえ』

大賞:古典の日推進委員会会長賞【中学・高校生部門】
野村 虹乃
作品:『にごりえ』

 

特別賞:京都府知事賞
村上 征夫
作品:『福翁自伝』

特別賞:京都市長賞
近藤 紫
作品:『福翁自伝』

 

特別賞:宇治市長賞
橿尾 志津子
作品:『にごりえ』

特別賞:京都商工会議所会頭賞
山木 梨花
作品:『にごりえ』

 

特別賞:京都府高等学校文化連盟会長賞
井上 己新
作品:『舞姫』

特別賞:古典の日推進委員会特別賞
岸 ふみ
作品:『坊っちゃん』

■審査講評


審査委員長
菊川德之助

■最終審査会出場者 集合写真


フォーラム「古典の世界を読む2018」
第10回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会の出場者

11月11日(日)に京都府立京都学・歴彩館で行われる、第10回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会の出場者が決まりました。

【一般部門】256作品、【中学・高校生部門】257作品のご応募をいただき厳正に審査いたしました結果、
以下の方々の出場が決定いたしました(五十音順)。観覧にご応募された方は、楽しみにお越しください。
また、受賞された方の朗読音源は、12月初旬にこのホームページで公開予定です。

【中学・高校生部門】

■中学生
岸  ふみ(長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校2年生) 坊っちゃん
朝長 桜 (長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3年生) 坊っちゃん
野村 虹乃(兵庫県・啓明学院中学校2年生) にごりえ
■高校生
井上 己新(大阪府・明星高等学校1年生) 舞姫
近藤 紫 (愛知県・南山高等学校女子部1年生) 福翁自伝
重枝 希呼(大阪府・東海大学付属大阪仰星高等学校3年生) にごりえ
西村 功我(東京都・高校1年生) 坊っちゃん

【一般部門】

橿尾 志津子(福井県) にごりえ
熊澤 祥子 (神奈川県) 坊っちゃん
最所 久美子(大阪府) 坊っちゃん
野中 栄子 (福岡県) 舞姫
藤本 睦美 (大阪府) 舞姫
村上 征夫 (大阪府) 福翁自伝
山木 梨花 (兵庫県) にごりえ
山本 寿実 (東京都) にごりえ

  

フォーラム「古典の世界を読む2018」
第10回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会と表彰式観覧者募集

たくさんのご応募ありがとうございました。
募集は締め切りました。

7月2日(月)~8月21日(火)の期間で作品募集を行い、一次・二次審査を通過した方の朗読の公開最終審査会と表彰式です。今年は明治150年を記念して、明治文学4作品を課題にしています。
また、中国古筝演奏家の伍芳さんに、昨年同様今年も美しい音色を奏でていただきます。

日時:平成30年11月11日(日)13時~15時35分(開場12時)
会場:京都府立京都学・歴彩館(京都市左京区下鴨半木町1番地29)
    ※地下鉄烏丸線「北山駅」出入口1から南へ徒歩4分
内容
■最終審査会出場者の朗読
課題作品:【一般部門】【中学・高校生部門】共通 
     『舞姫』    森 鴎外
     『にごりえ』  樋口一葉
     『福翁自伝』  福沢諭吉
     『坊っちゃん』 夏目漱石
     ※二次審査の通過者がいない課題作品は、公開最終審査会で朗読されません。
■世界の詩文朗読
     中国古筝の演奏と朗読 (ウー) (ファン)
■「古典の日朗読コンテスト大賞受賞者の朗読」映像上映
■審査発表及び表彰式
大 賞 :古典の日推進委員会会長賞
     【一般部門】【中学・高校生部門】各部門より1作品
特別賞:京都府知事賞,京都市長賞,宇治市長賞,京都商工会議所会頭賞 
     【一般部門】【中学・高校生部門】より各賞1作品
    京都府高等学校文化連盟会長賞
     【中学・高校生部門】の高校生より1作品
    古典の日推進委員会特別賞
     【中学・高校生部門】の中学生より1作品
■審査委員による審査講評
募集要項
【入場料】  500円(自由席)
【募集定員】 480名(事前応募制・多数抽選) 
【応募期間】 平成30年8月22日(水)~平成30年10月1日(月)(必着)
【応募方法】 郵便往復はがきで申し込み※1通につき2名様まで応募可
 ・返信のあて名面に、ご自身(応募者)の郵便番号、住所、氏名を記入
 ・往信の文面(裏面)に次ぎの①~④を記入
  ①催し名(朗読フォーラム)
  ②参加希望人数(2名まで)
  ③応募者の氏名(ふりがな)、郵便番号・住所、電話番号
  ④同伴者の氏名(ふりがな)、郵便番号・住所、電話番号 *1名の場合、④は不要
 ・往信のあて名面に次の住所を記入
   〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都商工会議所ビル5階
   古典の日推進委員会「朗読フォーラム」係

【郵便往復はがき記入例】
記入例を参考に、必要事項を黒のボールペン等ではっきりとご記入ください。
(字が消せるタイプの筆記具はご使用にならないでください。)

■抽選結果の通知については、10月下旬を予定しております。
■当選された方は、当日「入場券」(返信はがき)を必ずご持参ください。
(1名様でご応募の場合、2名様での入場はできません。)
◆次の場合は応募が無効となりますので、ご注意ください。
・郵便往復はがき以外での応募  ・記入漏れ、記入不備   ・重複応募 
・1通につき、3名以上の応募   ・応募締切日を過ぎたもの

フォーラム「古典の世界を読む2018」のご案内(PDF形式)


第10回古典の日朗読コンテスト作品募集要項

古典の日推進委員会では、第10回古典の日朗読コンテストを実施します。
今年度は明治150年を記念して明治文学4作品、森鴎外の『舞姫』・樋口一葉の『にごりえ』・福沢諭吉の『福翁自伝』・夏目漱石の『坊っちゃん』を取り上げました。皆様からの朗読作品の御応募をお待ちしています。

たくさんのご応募ありがとうございました。
募集は締め切りました。

■課題作品

【一般部門】【中学・高校生部門】共通 いずれか1作品を選択。指定範囲を朗読のこと
『舞姫』 森鴎外
 範囲:ある日の夕暮れなりしが、~
    また始めてわれを見たるがごとく、恥じてわが側を飛びのきつ。
『にごりえ』 樋口一葉
 範囲:おい木村さん信さん寄つてお出よ、~
    表を通る男を見かけて寄つてお出でと夕ぐれの店先にぎはひぬ。
『福翁自伝』 福沢諭吉 *両範囲を朗読
 範囲:「兄弟五人中津の風に合わず」 さて中津に帰ってから~
    自然、内に引っ込んで兄弟同士遊んでいるというような風でした。
 範囲:「反故を踏みお札を踏む」 また私の十二、三歳のころと思う。~
    一人で窃と黙っていました。
『坊っちゃん』 夏目漱石
 範囲:いよいよ約束が極まって、~
    中学校のありかも知らぬ奴があるものか。
 *以上の題材の典拠として、出版社の指定はしない。

■募集期間

 平成30年7月2日(月)~8月21日(火)必着

■最終審査会及び表彰式

 ◇「フォーラム『古典の世界を読む2018』第10回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会と表彰式」
 【日程】 平成30年11月11日(日)
 【場所】 京都府立京都学・歴彩館(京都市左京区下鴨半木町1−29)
 【内容】 一次及び二次審査通過者による公開朗読。審査の上、受賞者を決定し、表彰式を行います。
      観覧は事前申込み制。申込み方法は8月下旬にホームページ、他チラシで発表予定。

■各賞

大賞: 古典の日推進委員会会長賞
【一般部門】【中学・高校生部門】各部門より1作品
特別賞: 京都府知事賞、京都市長賞、宇治市長賞、京都商工会議所会頭賞
【一般部門】【中学・高校生部門】より各賞1作品

京都府高等学校文化連盟会長賞 【中学・高校生部門】の高校生より1作品
古典の日推進委員会特別賞 【中学・高校生部門】の中学生より1作品   
※受賞者には賞状並びに記念品を授与。
【中学・高校生部門】の大賞(古典の日推進委員会会長賞)及び特別賞(京都府高等学校文化連盟会長賞)受賞者は、全国高校生伝統文化フェスティバル -第2回伝統芸能選抜公演-(12月16日(日)・京都コンサートホール)において朗読を発表予定。

■審査員

審査委員長 菊川德之助 (演出家・元近畿大学舞台芸術教授)
審査員 中村宏 (元NHKアナウンサー・「NHKラジオ深夜便」第1・第3金曜日を担当)
端田宏三 (大阪放送劇団俳優・関西朗読家クラブ代表)
星野祐美子 (フリーアナウンサー)
宮田圭子 (女優)
三好仁 (元KBS京都アナウンサー・朗読講座講師)
特別顧問 芳賀徹 (国際日本文化研究センター名誉教授)

■審査料

【一般部門】1,500円 【中学・高校生部門】無料
ゆうちょ銀行(郵便局)の「定額小為替」(手数料は各自負担)を利用のこと。
「定額小為替」の受取人欄は記入しないで下さい。
審査料はいかなる場合も返金しませんので、御了承ください。

■審査方法

録音媒体(テープ、MD 、CDのみ)による一次及び二次審査を行い、最終審査会出場者を決定。
 ※最終結果及び最終審査会出場者への通知は10月中旬頃を予定。
 ※最終審査会出場者は、古典の日ホームページでも発表します。

■応募資格

アマチュア。性別、国籍不問。過去の大賞受賞者は応募不可。

■応募方法

ひとり1作品。日本語での原文朗読。複数による朗読や群読は不可。
・BGMや効果音の使用は不可。
作品の冒頭に「応募者の氏名」と「作品名」を録音。テープの場合は、必ず巻き戻して頭出しのこと。
「応募申込書(必要事項記入)」・「録音媒体」・「定額小為替(【一般部門】のみ)」をセットの上、
 書留又は宅配便(配達記録のわかるもの)にて下記まで送付。(送料各自負担)
・応募申込書は、ホームページからダウンロードできます。

「応募申込書」ダウンロードはこちら(PDF形式:2.2MB)

■注意事項

・指定範囲外の朗読や応募書類等の不備、雑音・二重録音など録音状態の悪い作品については、応募を無効、
 もしくは審査の対象外とすることがあります。
・応募作品は返却しません。また、紛失、未着等の責任は負いませんので、ご了承ください。

■その他

・受賞作品及び最終審査会の写真を最終審査会終了後、ホームページやFacebookにて公表します。
・各作品の掲載権は、古典の日推進委員会が保有します。また、PR等のため、当委員会が許可した
 メディア(テレビ、ラジオ、新聞等)において放送・掲載する場合があります。
・受賞された方には、マスコミより取材、写真掲載をお願いする場合があります。
 掲載によるいかなるトラブルも当委員会は責任を負いません。
・提供いただいた個人情報は、当コンテストの実施及び当委員会の事業のご案内、各種連絡の目的にのみ
 使用します。

■ご応募・お問い合わせ先

〒604-0862
  京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町240京都商工会議所ビル5階
  古典の日推進委員会「朗読コンテスト」係 
TEL 075-212-4767(月~金 9:00~17:00) FAX 075-212-4121 
  お問い合わせフォーム(←お問い合わせフォームでのご応募は出来ません。)

TOPに戻る