衿あわせ

古典の日絵巻[第七巻:きものがたり]

古典の日絵巻第七巻 きものがたり

明日香村教育委員会「高松塚古墳壁画 西壁女子群像」

第五号 平成30年8月1日

衿あわせ
服飾評論家 市田 ひろみ

びわ湖の花火の夜。
エレベーターに乗って来た カップルの女性の衿を見て はっとした。
左前だったのだ。
きもの・ゆかたの衿合わせは 右衿を先にあわせて左をあわせるのが、右前。
逆に 左をあわせて 右を あわせるのを左前。右襟着装法(うじんちゃくそうほう) 左襟着装法(さじんちゃくそうほうと呼ぶ。
彼女は逆に あわせていた。
私は彼女を ちょっと手招きして
「衿合せが逆ですよ。直してあげましょうか、すぐ出来ますよ!!」
彼女はへえー?
彼氏は意味がわからない。
私は 柱の横で、右衿、左衿の説明をしてあげた。彼女は 彼を見あげて
「どうする??今日は このままで良いか 良いです」
と言って行ってしまった。
このままで 良いわけは無いけど。
日本のきものの 衿合せは 実は その日の気分で 良いわけではない。
遠い昔は 日本も 左前だった。何度も出た衣服令の中で 今日のように 右前にととのえられた。
西暦七百十九年、天正(げんしょう)天皇の養老三年二月三日に出た衣服令(えぶくりょう)に こう 記されている。
初令 天下百姓 右衿(天下百姓をしてえりを右にせしむ)と続日本紀に記されている。過去 左前だった衿合せは 実は時をへて 右前になった。
実に 一三〇〇年も 衿合せは 右前を守りつづけることになった。
四~五世紀の埴輪などには 多く 左前も見られるが、先に中国にあった 左前の着衣法は 早く 中国の 先人達の 着衣法に見られ 日本も 左前から 右前に 移ってゆく。
高松塚の 西壁の 四人の女性像を見ると 左前であったことがわかる。
二二〇〇年前の 湖南省 馬王堆(まおうたい) 漢墓(かんぼ)に眠っていた女性 辛追(しんつい)も 右前に着ているし、 副葬品の二六六体の木桶(もくよう)(人形)も 右前に着ている。
日本では現在 御遺体を 棺に入れる時 きょうかたびら(経帷子:ひとえの白いきもの)を左前に着せる 習慣がある。
花火の夜 左前のゆかたのお嬢さんも 知らないから 左前に着ていたが、衿合せをとっても 日本人は ていねいに 昔ながらを 守って来ていることがわかる。

バックナンバー

次号は平成30年9月に掲載します。

TOPに戻る