[第八巻:わたしの源氏物語植物園]

古典の日絵巻[第八巻:わたしの源氏物語植物園]

古典の日絵巻第八巻 わたしの源氏物語植物園

八重山吹
古典の日絵巻「第8巻:わたしの源氏物語植物園」をお届けします。

『源氏物語』には、驚くほどたくさんの植物が登場します。千年前に紫式部が見た植物を京都府立植物園で年間を通して観賞することができます。物語に登場する植物は、それぞれ女性達の姿として例えられ、お互いが交わす文に詠われてきました。植物大好き!『源氏物語』大好き!!な、松谷茂名誉園長のお話を片手に植物園にお花を見つけに行ってみませんか。


松谷 茂(まつたに しげる)
京都府立植物園名誉園長/京都府立大学客員教授
京都大学大学院農学研究科修士課程森林生態学専攻。1975年京都府入庁(農林部林務課)。京都府立植物園技術課長。2006年6月京都府立植物園第9代園長就任。2006年~2009年度連続4年入園者数70万人超え(国内総合植物園では4年連続No1入園者数)達成。2010年5月京都府立植物園長退任(定年退職)し、京都府立植物園初となる「名誉園長」の称号を贈られる。現在、京都府立大学大学院生命環境科学科研究科客員教授、京都府立
植物園名誉園長。

第一号 平成31年4月1日

4月 山吹
京都府立植物園名誉園長 松谷 茂

 「ホンマモンの植物で勝負」、のスローガンで入園者増対策にまい進していたころ「源氏物語の植物を園内地図にあらわしましょう」と立案し、実行してくれたのが、当時課長の金子明雄さん(後に、第十代園長)。源氏物語千年紀(2008(平成20)年)の2年前のことでした。
源氏の植物80種以上に出会える京都府立植物園。
植物を理系のみならず文系的側面からも論じたい、とかねてから思い描いていた私は、このことが契機となり「源氏物語に登場する植物」に至りました。
情報の圧倒的に少ない時代に、100種以上もの植物を物語に登場させた紫式部。彼女の超天才的な観察眼に思いをはせ、私なりの解釈も交えつつおとどけします。

 春、谷沿いの山道を歩いていると、はっとする黄色に出会うことがあります。山吹は、まわりがまだ無機質色の山の斜面下部にあって、湾曲した細い枝に黄色の花を連続して咲かせ、まるでスポットライトを浴びているかのように輝きます。紫式部は、どこかの山道でこの光景に出くわしたとき、玉鬘を思い浮かべたのでしょうか。


玉川の山吹 写真提供:井手町

山吹が最初に登場するのは第5帖「若紫」。
 白き(きぬ) 山吹などの()えたる着て走り来たる女子(をむなご)

そのあとも着物の色目を具象化する表現の一つとして出てきます
 葡萄染(えびぞ)めの織物の御()、また山吹かなにぞ、いろいろみえて   第6帖「末摘花」
 (くれなゐ)、紫、山吹の地のかぎり織れる御小袿(こうちぎ)などを着たまへるさま  第7帖「紅葉賀」

植物としての初登場は、第21帖「少女」。
 御前(おまえ)近き前栽(せんざい)、五葉、紅梅、桜、藤、山吹、岩躑躅(いはつつじ)などやうの春のもてあそびをわざとは植ゑで

六条院春の庭に、梅や桜、藤などとともに植栽された華やかな光景が目に浮かびますが、
京都は綴喜郡井手町の玉川が、当時から山吹の名所であったことを示す歌も登場します。
  の池や井出のかはせにかよふらん岸の山吹そこもにほへり

第28帖「野分」では、春の庭に八重山吹の咲いている様が描かれ、この花を紫式部が見ていたことにたいへん驚きました。
山吹の花びらは5枚が基本。雄しべ、雌しべが突然変異を起こして花弁化するとそれは八重咲になるので、八重山吹が自然界に存在してもなんら不思議ではないのですが、突然変異はどこにでも発生するものではないし、そう簡単には見つからないからです。山の中でそれを見つけ、庭に植えた人がすばらしい!


山吹の花びらは5枚が基本
 
八重山吹を見つけ出した紫式部の観察眼に驚き!

世界に誇る日本の園芸植物文化発生期の室町時代に、豪華な花付きの八重山吹を花材として利用するのはわかりますが、それよりかなり前に八重山吹を見つけ出し、すでに鑑賞の対象としていた紫式部の観察眼に驚くと同時に、源氏物語の持つ植物誌的な価値評価を学術的に考証する必要性もあるのでは、と感じます。

六条院夏の町の西の(たい)に住む玉鬘は、源氏と夕霧から山吹にたとえられました。
源氏は、正月用の衣配(きぬくば)りに、明るく華やかな山吹襲(やまぶきがさね)の晴れ着をプレゼント。
  りなき赤きに、山吹の花の細長は、かの西の対に奉れたまふを  第22帖「玉鬘」

台風見舞いに源氏に同行した夕霧の目には、垣間見た玉鬘は八重山吹のように美しいと映りました。
 八重山吹の咲き乱れたる盛りに露かかれる夕映(ゆふば)えぞ、ふと思ひ出でらるる  第28帖「野分」

紫式部は、山吹の咲く枝をたどった株元に、玉鬘の母・夕顔の姿を重ね合わせて構想を練ったことでしょう。

[参考図書]
阿部秋生ほか校注 源氏物語    新版日本古典文学全集 小学館   2017年
上坂信男     源氏物語 その心象心理        笠間選書  1977年
本田一泰ほか   花びき源氏物語            未刊行   2008年

クイズに挑戦したい方はこちら   スタンプラリーにチャレンジ!!今月のスタンプ
Design by
京都美術工芸大学
総合デザインコース
郡司桃子さん

TOPに戻る


古典の日絵巻[第八巻:わたしの源氏物語植物園]

古典の日絵巻第八巻 わたしの源氏物語植物園

撫子

第二号 平成31年5月1日

5月 撫子
京都府立植物園名誉園長 松谷 茂

なでしこジャパンは知っていても、ほんまもんのナデシコの花を知らない御仁は、失礼ながら多いかも。
ナデシコの植物分類学的な名称はカワラナデシコ。ヤマトナデシコの異名もあり、表記の大和撫子からは何とも言えない雅な感覚を覚えます。
開花期が4~9月と長く、夏の間も咲くことから、古名の常夏(とこなつ)に納得です。
同じ花なのに、ナデシコとトコナツとの間には、奥の深い文学的解釈があると知ったのは、源氏物語をかじり始めた千年紀(2008年)の少し前。

「ナデシコは、頭を撫でたくなるほどのカワイイ子」から小さな子供に対して使い、「トコナツは、床懐かしい」から大人の女性に対して使う言葉なのですが、物語に登場する男女の贈答歌の場面では、当人にしかわからない人生の機微を捉えた表現であるがゆえに、読み手側は、この顛末は如何にと、計り知れないドキドキ感満載の情景を思い浮かべつつ、ますます深みにはまり読み進みます。

◎第二十六帖「常夏」


源氏:なでしこのとこなつかしき色を見ばもとの垣根を人やたづねむ


玉鬘:山がつの垣ほに生ひしなでしこのもとの根ざしをたれかたづねん

源氏の詠んだこの歌は、第二十六帖の帖名「常夏」の根拠となりました。
源氏36歳、玉鬘22歳。

源氏は、「美しいあなた(=玉鬘)の姿を見たら、内大臣(昔の頭中将で、玉鬘の父)はあなたの母(雨夜の品定めで、頭中将が話した、かつて愛した控えめな女性(常夏(とこなつ)の女=夕顔))をきっとお尋ねになるでしょう」と歌うと、玉鬘は泣きながら「卑しい身分に生まれた私の母親を、だれが探し出すのでしょうか」
この贈答歌の伏線は第二帖「帚木」にあって、私にはこちらのほうがグッと心に響きます。

ナデシコ・城南・イクシ

◎第二帖「帚木」


頭中将:「………消息(せうそこ)などもせで久しくはべりしに、むげに思うひしをれて、
心細かりければ、幼き者などもありしに思ひわづらひて、
撫子(なでしこ)の花を折りておこせたりし」とて涙ぐみたり。


源 氏:「さて、その文(ふみ)の言葉は」と問ひたまへば、


頭中将:「いさや、ことなることもなかりきや。」


女  :山がつの垣(かき)ほ荒るともをりをりにあはれはかけよ撫子(なでしこ)の露


……………


頭中将:咲きまじる色はいづれと分かねどもなほとこなつにしくものぞなき

源氏17歳、頭中将17歳、玉鬘3歳。
気になるのは歌の前文で、女(=夕顔)が夫である頭中将にナデシコの花を添えて手紙を出した場面。
夕顔は、花と一緒につぼみも意識して添えたに違いない、と想像します。
本妻の嫌がらせから逃れて姿を消していた夕顔は、訪ねてこない父親(頭中将)に対し、かわいいわが子(玉鬘)にはせめて情けだけでもかけてください、との切々たる思いをナデシコのつぼみと花に託し、訴えました。

紡錘形で淡い緑色のつぼみが膨らみ、その先端から花びらが顔を見せ始めると、ドラマチックな開花ショーがスタート。
花びらは一気に開くのではなく、ほどなくソフトクリーム状に成長すると、ゆるゆるとほどけゆき完全開花に至ります。その姿は、美しく成長した華やかさあふれる玉鬘。
頭中将のプレッシャーは相当なものだったに違いありません。

白花の撫子
白花の撫子

[参考図書]
校注:阿部秋生ほか/源氏物語/新版日本古典文学全集/小学館/2017年
高嶋和子/源氏物語植物考一/国研出版/2006年
上坂信男/源氏物語その心象序説/笠間選書/1977年

クイズに挑戦したい方はこちら スタンプラリーにチャレンジ!!今月のスタンプ
Design by
京都美術工芸大学
総合デザインコース
郡司桃子さん

【開花情報】
京都府立植物園では、植物園会館玄関前で「なでしこ」を展示しています。かわいいなでしこが皆様のお越しをお待ちしています。(6月12日現在の状況をお知らせします)

白花の展示

バックナンバー

次号は2019年6月に掲載します。

TOPに戻る


古典の日絵巻[第八巻:わたしの源氏物語植物園]

古典の日絵巻第八巻 わたしの源氏物語植物園

第三号 平成31年6月1日

※7月は「末摘花(紅花)」を紹介します。原稿より一足早く咲き始めました!!

6月 橘
京都府立植物園名誉園長 松谷 茂

源氏物語に登場する『橘』と、セットになるキーワードを文学的に選択した場合、①常緑樹、②香り、③時鳥(ほととぎす)、④五月(雨)、⑤果物の順位となりましょうが、私なりの解釈で選択すれば、⑤果物がダントツのトップです。
冬でも葉を落とさない「常緑樹」は当時、永遠なる繁栄の象徴でした。「香り」、それも梅雨空の雨雲を振り払うかのように風に乗って漂う橘の芳香は、昔の人を懐かしく思い出させ(「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」古今和歌集)、冥界と現世を行きかうとされる「時鳥」の鳴き声とともに、人の思い・懐旧の情を連れて現れる象徴となりました。

凋落の人となり、気持ちが落ち込んでいた源氏(25歳)は、麗景殿女御(れいけいでんにょうご)(父故桐壺院ゆかりの女性)の邸で、父との懐かしい思い出を二人でしみじみと語り合った、その場面。
橘の香りに呼び寄せられたかのように、「五月雨」の空を鳴き渡った時鳥、源氏はその鳴き声を、天上界の父からの声が届いたと感じ、次の歌を詠み、そのあと麗景殿女御の妹である花散里を訪れます。


源氏:橘の香をなつかしみほととぎす花散る里をたづねてぞとふ (第十一帖 花散里より)

紫の上が亡くなった後の五月雨の宵、息子の夕霧が六条院に住む父・源氏を訪れた場面。
源氏は紫の上を懐かしみ、時鳥の声も聞きたいと思ってひたすら空を眺めていたが、
夕霧は父・源氏の声を、橘の香りと時鳥に乗せて、天上界の紫の上に聞かせたいと、詠みました。


源氏:なき人をしのぶる宵のむら雨(さめ)に濡れてや来つる山ほととぎす
夕霧:ほととぎす君につてなんふるさとの花橘は今ぞさかりと (第四十帖 幻より)

陰暦の五月雨の頃は現代ならば梅雨の頃。この時期、芳香を放つクチナシもタイサンボクも常緑樹で花の色は純白です。タチバナを加えて梅雨空の芳香樹ベスト3と呼びたいほど。中でもタチバナの柑橘系芳香は、言いようもなくすばらしい !

タチバナ

さて、私がトップを「果物」とした理由は、王朝人が橘を果物として食していたそのうらやましさからです。今なぜ、果物屋さんの店頭に見ないのか。苦みが少し混じった強い酸味が、甘みを求める現代人に敬遠されるからなのでしょう。

タチバナ・断面
タチバナ・断面

果肉に比べ、タネが大きすぎるからなのでしょうか。がしかし、梅干し大好き、柑橘類大好きな私にはまったく苦にならずむしろ、野生味溢れる酸(す)っぱ味(み)いっぱいの刺激に大興奮(昔、食べました)。1,000年前の果物を日常に食べてみたい!

物語で食する場面は、『胡蝶』と『真木柱』。
この時代、花橘(タチバナ)のほか、楊梅子(ヤマモモ)、榛子(ハシバミ)、椎子(シイ)、柑子(コウジ-ミカンの原形-)、梨子(ナシ)、干棗(ホシナツメ)、諸成(グミ)、郁子(ムベ)、蔔子(アケビ)など樹木の果実が、自然からの贈り物として、山城・大和・越前・駿河ほかの諸国から都に寄進されたことが、延喜式(えんぎしき)(完成927年、平安時代初期の儀式や制度の内容を示す史料。「諸国貢進菓子」)に残っています。


箱の蓋なる御くだものの中に、橘のあるをまさぐりて
源氏:橘のかをりし袖によそふればかはれる身ともおもほえぬかな
玉鬘:袖の香をよそふるからに橘のみさへはかなくなりもこそすれ (第二十四帖 胡蝶より)


鴨(かり)の卵(こ)のいと多かるを御覧じて、柑子(かんじ)、橘(たちばな)などのやうに紛らはして、
わざとならず奉れたまふ。 (第三十一帖 真木柱より)

かなわぬと知りながら、タチバナとデコポンの食べ比べを今、紫式部としてみたい、と夢見ています。彼女の表情やいかに。

タチバナ・果実
タチバナ・果実

[参考図書]
阿部秋生ほか校注/源氏物語/新版日本古典文学全集/小学館/2017年
高嶋和子/源氏物語植物考一/国研出版/2006年
奈良女子大学/菓子の文化史/奈良女子大学WEB情報実習/2011年

クイズに挑戦したい方はこちら スタンプラリーにチャレンジ!!今月のスタンプ
Design by
京都美術工芸大学
総合デザインコース
郡司桃子さん

【開花情報】 橘の成長
この文章を楽しんでいただいている頃には、花が咲き終わり、実になる姿に変化しつつあるかもしれません。やがて実が成長し、最初はいかにもすっぱそうな緑色からここに紹介しているおいしそうな(でもすっぱい)山吹色に変化していきます。その成長ぶりを一緒に楽しんでいきましょう。

バックナンバー

次号は2019年7月に掲載します。

TOPに戻る


古典の日絵巻[第八巻:わたしの源氏物語植物園]

古典の日絵巻第八巻 わたしの源氏物語植物園

末摘花

第四号 令和元年7月1日

7月 末摘花
京都府立植物園名誉園長 松谷 茂

「末摘花」は紅花(べにばな)の異名、とありますが、ベニバナそのものを見たことがない人は多いと想像します。実は私自身そうでした。植物園に勤務してベニバナをはじめて見た感想は「えらい奇麗やなあ」。黄色と紅色が、良い天気のせいもあったのでしょうが、キラキラ輝いて見えました。
がしかし、花に触ろうとしたその瞬間、苞葉(ほうよう)に手が触れ「痛っ!」。
一見アザミに見える草姿ですが、花色は全く異なり、はじめの鮮黄色が次第に赤く変化します。

ベニバナは、なぜ末摘花?

エジプト周辺原産との説がありますが、日本へはシルクロードを経て6世紀頃以前、主に赤色染料の原料として渡来したとされます。ベニバナは、花がまだ黄色い時期に、上の部分、つまり末(すえ)(先端)につく頭のような形をした花を摘むことから、末摘花の名が付きました。花の底に接して葉の変化した苞葉が花を守るようについていますが、その先端には、触れると激痛が走るほど鋭く硬いトゲがありますので要注意。
朝露に濡れるとしなっとなり痛くないので、摘み取るなら早朝です。

物語では、植物そのものの描写場面はなく、鼻の赤い姫君の名前にたとえて登場します。
常陸宮の姫君は、むやみに顔が長く、鼻は象のように異様に長く垂れ下がりその先が紅(べに)をつけたように真っ赤、これは末摘花そのものだ、とこのように姫君の容姿を、残酷とも思える表現で描写しました(しかしそれは正直な感想と言えばそれまでなのでしょうが)。読者は強烈なインパクトを受けハラハラ感を感じながらも読みすすんだのでは、と思いますが、平安文学の虚構の世界と理解しつつも「ワッ、こんなこと、ここまで言うてもええんか」と、心臓バクバクの状態で、私は読み進みました。

ベニバナ

末摘花の邸(やしき)を訪れた光源氏が翌朝、雪明かりにはじめて見た彼女の不器量な姿を見て驚いた場面。


うちつぎて、あなかたはと見ゆるものは鼻なりけり。ふと目ぞとまる。普賢菩薩(ふげんぼさつ)の乗物とおぼゆ。あさましう高うのびらかに、先のすこし垂りて色づきたること、ことのほかにうたてあり。……額(ひたひ)つきこよなうはれたるに、なほ下がちなる面やうは、おほかたおどろおどろしう長きなるべし。(第六帖 末摘花より)

源氏は鼻の先が赤い姫を、花の先端が赤いベニバナにたとえて、末摘花となづけました。


源氏:「なつかしき色ともなしに何にこのすゑつむ花を袖にふれけむ 色こき花と見しかども」

この歌のすゑつむ花が、帖名の根拠になっています。
訳:親しく心ひかれる色でもないのに、どうしてこんな末摘花に袖を触れ契りを結んでしまったのか。

末摘花は、第15帖「蓬生」にも、源氏をひたすら待つ女として登場。彼女の暮らす邸は、荒れ果てた様子を象徴する植物、蓬(よもぎ)や葎(むぐら)が生い茂るひどい荒廃ぶりでしたが、源氏は邸を修繕しその後、二条東院に迎えるなど、彼女を見捨てることはありませんでした。
光源氏、実は男の中の男であった、との一面を知らしめるエピソードです。

花の直下、三角形の薄緑が苞、先が先鋭で痛い
花の直下、三角形の薄緑が苞、先が先鋭で痛い

[参考図書]
阿部秋生ほか校注/源氏物語/新版日本古典文学全集/小学館/2017年
上坂信男/源氏物語/その心象心理/笠間選書/昭和52年
本田一泰ほか/花びき源氏物語/未刊行/2008年

クイズに挑戦したい方はこちら スタンプラリーにチャレンジ!!今月のスタンプ
Design by
京都美術工芸大学
総合デザインコース
郡司桃子さん

バックナンバー

次号は2019年8月に掲載します。

TOPに戻る


古典の日絵巻[第八巻:わたしの源氏物語植物園]

古典の日絵巻第八巻 わたしの源氏物語植物園

8月 吾亦紅(ワレモコウ)

第五号 令和元年8月1日

8月 吾亦紅(ワレモコウ)
京都府立植物園名誉園長 松谷 茂

「日本人の嗅覚は千年たつと変化する」。確かめようもない私独自の勝手解釈ですが、源氏物語に登場するワレモコウの記述内容からして、きっとそうにちがいない、と思うに至りました。
漢字で書くと「吾亦紅」、「吾木香」。われもまたこうありたい、あるいは木香のような良い香り。がしかし、この良い香りに疑義を感じるのです。

ワレモコウは、第42帖「匂宮」にのみ、いい香りのする植物の一つ、として登場します。
源氏亡きあとの主人公は匂宮と薫。生まれつき、この世のものとは思えない芳香が身体に備わっている薫に対抗する親友の匂宮は、あけても暮れても薫物(たきもの)の調合に熱心で、衣服にはいつも香を焚きしめているほどでした。匂宮の香りに対する執着は植物においてもしかりで、世間のほとんどの人々が好む秋の花、女郎花(おみなえし)や萩には目もくれず、芳香のする菊、藤袴(ふじばかま)、吾亦紅(われもこう)が興味の対象(香にめづる思ひ)でした。世間は二人を「匂ふ兵部卿、薫る中将」と、もてはやしました。以上が、物語の定番の解説です。匂宮15歳、薫15歳。


御前(おまえ)の前栽(せんざい)にも、春は梅の花園をながめたまひ、秋は世のめづる女郎花(をみなへし)、
小牡鹿(さをしか)の妻にすめる萩(はぎ)の露にもをさをさ御心移したまはず、老いを忘るる菊に、
おとろへゆく藤袴、ものげなきわれもかうなどは、いとすさまじき霜枯れのころほひまで思し棄てずなどわざとめきて、
香にめづる思ひをなん立てて好ましうおはしける。(第42帖匂宮より)

長い花茎の先端に付く花は、楕円~倒卵形の穂状花序(すいじょうかじょ)(長さ1~2センチメートル)に小さな花(1個の花は2~3ミリメートルほど)が押し競まんじゅうのようにギュッと詰まり、上から下に咲き進みます。花は普通、下から上に咲きあがることが多いのに、ワレモコウは上から下に咲いていく、珍しい咲き方をします。紫褐色の花がいつまでも残っているように見えますが、それは四枚の萼片(がくへん)で花びらではありません。花びらは退化しているので見えません。

ワレモコウ

私がここで気になるのがワレモコウの香りというか匂いというか。菊は花を嗅いだり葉を揉むと独特のいい香りがするし、藤袴は切り取った葉や茎が半乾き状態のとき日本人好みの雅な香りが鼻をくすぐるので、なるほど菊も藤袴もかぐわしき植物として納得するのですが、ワレモコウの花の匂いはさて?
生態園の「小さな秋ゾーン」、私が勝手にそう呼んでいるエリアでの8月の午後、ギラギラ太陽のもと、ワレモコウの花粉が鼻に付くほど思いっきり近づけると「臭っ!」。
想定外、塩素系の匂いでした。
千年前、紫式部はワレモコウの香りを芳香と感じましたが、今を生きる私はどちらかというと臭い系に分類します。皆様はいかに!

ワレモコウ

[参考図書]
阿部秋生ほか校注/源氏物語/新版日本古典文学全集/小学館/2017年
本田一泰ほか/花びき源氏物語/未刊行/2008年
青木登/こんなにも面白かったのか! 源氏物語/けやき出版/2005年

クイズに挑戦したい方はこちら スタンプラリーにチャレンジ!!今月のスタンプ
Design by
京都美術工芸大学
総合デザインコース
郡司桃子さん

バックナンバー

次号は2019年9月に掲載します。

TOPに戻る