第11回(2019年)

第11回「古典の日」朗読コンテスト(2019年)

古典の日10周年記念

フォーラム「古典の世界を読む2019」
第11回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会と表彰式が開催されました

 

 気持ちの良い秋晴れの12月1日(日)に、第11回古典の日朗読コンテスト最終審査会と表彰式が開催されました。

 今年の課題は「日本の古典文学にみる諧謔(かいぎゃく)<ユーモア>をテーマとした4作品でした。審査員の先生方からは「ユーモアを表現するのは難しい。そして、それを審査するのも難しい。」と言われていました。今回の課題に挑戦された皆様はどうだったでしょうか。

 課題の応募状況は、以下の通りでした。

 

一般部門 中学・高校生部門 合計
中学生 高校生
竹取物語 61作品 34作品 23作品 118作品
堤中納言物語 75作品 19作品 36作品 130作品
徒然草 60作品 44作品 28作品 132作品
伊曾保物語 14作品 18作品 7作品 39作品
合計 210作品 115作品 94作品 419作品

 

 今年の最終審査会出場者は、中学生4名、高校生3名、一般9名の合計16名となりました。出場者の皆さんには、午前中に集合していただき、朗読順を決めるクジを引いてもらいます。そして朗読・表彰式のハーサルを行い、その後はお昼休憩を取ったり、出場者の皆さんで交流をされたり、各々声出しをして最終審査会に臨まれました。

 中学生、高校生、一般の順番で朗読が進み、出場者の方々は、思い思いのユーモアを表現されていました。

 休憩後は、シルヴァン・旭西・ギニャールさんの筑前琵琶演奏でした。迫力ある「舟弁慶」で、会場の皆さんは一気に荒れ狂う海に引き込まれました。

 筑前琵琶演奏の後は、総合司会を務めていただいている星野祐美子さんによる、講演「朗読でつながるご縁 広がる世界」でした。筑前琵琶の少し緊迫感ある雰囲気から、星野さんの落ち着いたかわいい声で、会場はほっこりとした雰囲気に包まれました。宮沢賢治の『虔十公園林』の朗読をされ、虔十の様子や杉の公園を想像しながら、聞かれていたことと思います。

 筑前琵琶演奏と講演の間に審査員室では、最終審査会を終えた16名の審査が行われていました。コンテスト過去10回の実績から、今年から文部科学大臣賞を新設することができ、9つの賞が決まりました。毎年の事ですが、表彰式の各賞の受賞者が発表されるたびに、会場からどよめきが起こります。そんな各賞の発表が終わったあと、審査員長の菊川先生から審査講評をいただきます。古典の朗読のイメージのお話や、文章を読んで自分の感じるリズムで文章を読む。感じたことを表現することが大切と話されていました。朗読の世界は、難しいですね。

 第11回が終わったばかりですが、当委員会では第12回に向けて、ゆるやかに準備が始まっています。第12回も多くの皆様からの挑戦をお待ちしております。次回はどのような課題になるのか、お楽しみにお待ちください。

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

 

■会場風景

 

■審査員・総合司会


菊川 德之助(演出家・元近畿大学舞台芸術教授)

端田 宏三(大阪放送劇団俳優・関西朗読クラブ代表)
 

宮田 圭子(女優)

三好 仁(元KBS京都アナウンサー・朗読講座講師)
 

中村 宏(元NHKアナウンサー)

星野 祐美子(フリーアナウンサー)
 

 

■主催者代表挨拶・来賓挨拶


古典の日推進委員ゼネラルプロデューサー
山本 壯太

文化庁 地域文化創生本部事務局長
三木 忠一
 

 

■最終審査会出場者の朗読

<中学生>

吉岡 優衣
(長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3年生)
作品:『堤中納言物語』

藤本 和奏
(兵庫県・西宮市立浜脇中学校3年生)
作品:『伊曾保物語』
 

岸 ふみ
(長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3年生)
作品:『伊曾保物語』

山下 菜々陽
(長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3生)
作品:『竹取物語』
 

 

<高校生>

武村 陽向
(大阪府・東海大学付属大阪仰星高等学校2年生)
作品:『堤中納言物語』

若林 萌恵
(奈良県・奈良県立奈良高等学校1年生)
作品:『竹取物語』
 

佐川 健生エルダン
(大阪府・浪速高等学校3年生)
作品:『徒然草』

 

<一般>

安永 貴駒(大阪府)
作品:『徒然草』

東出 芳子(福井県)
作品:『堤中納言物語』
 

善積 まゆみ(神奈川県)
作品:『徒然草』

佐藤 千津(京都府)
作品:『堤中納言物語』
 

今井 悦子(京都府)
作品:『竹取物語』

大崎 澪(北海道)
作品:『伊曾保物語』
 

牛田 優子(徳島県)
作品:『竹取物語』

田岡 たか子(神奈川県)
作品:『堤中納言物語』
 

髙岩 靖典(東京都)
作品:『徒然草』
 

 

■筑前琵琶演奏『舟弁慶』


シルヴァン・旭西・ギニャール
 

 

■講演「朗読でつながるご縁 広がる世界」


星野 祐美子
 

 

■審査発表・表彰式


大賞:古典の日推進委員会会長賞【一般部門】
牛田 優子
作品:『竹取物語』

大賞:古典の日推進委員会会長賞【中学・高校生部門】
武村 陽向
作品:『堤中納言物語』

 

特別賞:文部科学大臣賞
大崎 澪
作品:『伊曾保物語』

特別賞:京都府知事賞
髙岩 靖典
作品:『徒然草』

 

特別賞:京都市長賞
田岡 たか子
作品:『堤中納言物語』

特別賞:宇治市長賞
今井 悦子
作品:『竹取物語』

 

特別賞:京都商工会議所会頭賞
安永 貴駒
作品:『徒然草』

特別賞:京都府高等学校文化連盟会長賞
佐川 健生エルダン
作品:『徒然草』

特別賞:古典の日推進委員会特別賞
山下 菜々陽
作品:『竹取物語』

 

■審査講評

審査委員長
菊川 德之助
 

 

■最終審査会出場者 集合写真


 

 

古典の日10周年記念

フォーラム「古典の世界を読む2019」
第11回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会の出場者

12月1日(日)に京都府立京都学・歴彩館で行われる、第11回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会の出場者が決定いたしました。

【一般部門】210作品、【中学・高校生部門】209作品のご応募をいただき厳正に審査いたしました結果、以下の方々の出場が決定いたしました(五十音順)。12月1日の最終審査会と表彰式開催後、受賞された方の朗読音源は、12月下旬にこのホームページで公開予定です。

【中学・高校生部門】

■中学生
岸  ふみ (長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3年生) 伊曾保物語
藤本 和奏 (兵庫県・西宮市立浜脇中学校3年生) 伊曾保物語
山下 菜々陽(長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3年生) 竹取物語
吉岡 優衣 (長崎県・長崎県立諫早高等学校附属中学校3年生) 堤中納言物語
■高校生
佐川 健生エルダン(大阪府・浪速高等学校3年生) 徒然草
武村 陽向 (大阪府・東海大学付属大阪仰星高等学校2年生) 堤中納言物語
若林 萌恵 (奈良県・奈良県立奈良高等学校1年生) 竹取物語

【一般部門】

今井 悦子 (京都府) 竹取物語
牛田 優子 (徳島県) 竹取物語
大崎 澪  (北海道) 伊曾保物語
佐藤 千津 (京都府) 堤中納言物語
田岡 たか子(神奈川県) 堤中納言物語
髙岩 靖典 (東京都) 徒然草
東出 芳子 (福井県) 堤中納言物語
安永 貴駒 (大阪府) 徒然草
善積 まゆみ(神奈川県) 徒然草

 

古典の日10周年記念

フォーラム「古典の世界を読む2019」
第11回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会と表彰式

たくさんのご応募ありがとうございました。
募集は締め切りました。

「日本の古典文学にみる諧謔(かいぎゃく)<ユーモア>」をテーマとした古典作品の朗読の公開最終審査と表彰式を実施しますので、観覧者を募集します。
公開審査と表彰式のほか、スイス出身のシルヴァン・旭西・ギニャール大阪学院大学教授の筑前琵琶演奏や、NHKアナウンサーによる、朗読についての講演を予定しています。

日時:令和元年12月1日(日)13時~15時55分(開場12時)
会場:京都府立京都学・歴彩館(京都市左京区下鴨半木町1番地29)
   ※地下鉄烏丸線「北山駅」一番出口から南へ徒歩4分
内容
■最終審査会出場者の朗読
課題作品:【一般部門】【中学・高校生部門】共通
     『竹取物語』の一部
     『堤中納言物語』「虫めづる姫君」
     『徒然草』「第五十二段 仁和寺なる法師」・「第八十九段 奥山に猫またといふ物」・
          「第二百四十三段 八になりし年」
     『伊曾保物語』「烏(からす)と狐の事」・「蟻と蟬との事」
      ※二次審査の通過者がいない課題作品は、公開最終審査会で朗読されません。
■筑前琵琶演奏「舟弁慶」
     シルヴァン・旭西・ギニャール(大阪学院大学 音楽学教授)
■講演「アナウンス・ナレーション・朗読」 
     NHKアナウンサー 岩槻里子
■審査発表及び表彰式
大 賞:古典の日推進委員会会長賞
     【一般部門】【中学・高校生部門】各部門より1作品
特別賞:文部科学大臣賞、京都府知事賞、京都市長賞、宇治市長賞、京都商工会議所会頭賞 
     【一般部門】【中学・高校生部門】より各賞1作品
京都府高等学校文化連盟会長賞
     【中学・高校生部門】の高校生より1作品
古典の日推進委員会特別賞
     【中学・高校生部門】の中学生より1作品
■審査委員による審査講評
募集要項
【入 場 料】 500円(自由席)
【募集定員】 480名(事前応募制・多数抽選)
【応募期間】 令和元年8月28日(水)~令和元年10月1日(火)(必着)
【応募方法】 古典の日推進委員会ホームページもしくは郵便往復はがきで申し込み
      ※1通につき2名様まで応募可

募集は締め切りました。

Web申し込みは、こちらのフォームからお申込みください。

【郵便往復はがき記入例】
記入例を参考に、必要事項を黒のボールペン等ではっきりとご記入ください。
(字が消せるタイプの筆記具はご使用にならないでください。)

 ・返信のあて名面に、ご自身(応募者)の郵便番号、住所、氏名を記入
 ・往信の文面(裏面)に次ぎの①~④を記入
  ①催し名(朗読フォーラム)
  ②参加希望人数(2名まで)
  ③応募者の氏名(ふりがな)、郵便番号・住所、電話番号
  ④同伴者の氏名(ふりがな) *1名の場合、④は不要
 ・往信のあて名面に次の住所を記入
   〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
   (公財)京都文化交流コンベンションビューロー
   古典の日推進委員会「朗読フォーラム」係

【お願い】
  消費税の改正に伴い、2019年10月1日(火)から郵便料金が変更となります。
  返信用表面に1円切手を貼って、ご応募いただきますようお願いいたします。

■抽選結果の通知については、10月下旬を予定しております。
■当選された方
 Webからの応募:メールでご案内いたします。
 往復はがきからの応募:当日「入場券」(返信はがき)を必ずご持参ください。
 (1名様でご応募の場合、2名様での入場はできません。)

◆次の場合は応募が無効となりますので、ご注意ください。
・Web、郵便往復はがき以外での応募
・記入漏れ、記入不備
・重複応募(Webとはがきの重複も含む) 
・1通につき、3名以上の応募
・応募締切日を過ぎたもの

フォーラム「古典の世界を読む2019」のご案内(PDF形式)


古典の日10周年記念
第11回古典の日朗読コンテスト作品募集要項

古典の日推進委員会では、第11回古典の日朗読コンテストを実施します。
今年度は、日本の古典文学にみる諧謔(かいぎゃく)<ユーモア>をテーマとしています。また、今回から特別賞に文部科学大臣賞が新たに加わりました。
皆様からの朗読作品のご応募をお待ちしています。

たくさんのご応募ありがとうございました。
募集は締め切りました。

■課題作品

【一般部門】【中学・高校生部門】共通 いずれか1作品を選択。指定範囲を朗読のこと。

①『竹取物語』
範囲:旅(たび)の空に、たすけ給(たまふ)べき人もなき所に、~此(この)宮より給はらん。
②『堤中納言物語』 虫めづる姫君
範囲:蝶(ちよう)めづる姫君のすみ給(たま)ふかたはらに、~几帳(きちよう)いでたてて、かくさかしくいひいだし給ふなりけり。
③『徒然草』 *全範囲を朗読
範囲:「第五十二段 仁和寺なる法師」 仁和寺(にんわじ)なる法師、~先達(せんだつ)はあらまほしきことなり。
範囲:「第八十九段 奥山に猫またといふ物」 「奥山に猫(ねこ)またといふ物(もの)、~飛(と)び付(つ)きたりけるとぞ。
範囲:「第二百四十三段 八になりし年」 八(やつ)になりし年(とし)、~興(けう)じき。
④『伊曾保物語』 *両範囲を朗読
範囲:「烏(からす)と狐の事」 ある時、狐、~謙(へりくだ)るべし。
範囲:「蟻と蟬との事」 さる程に、春過ぎ、~悔ゆるものなり。
*以上の題材の典拠として、出版社の指定はしない。

■募集期間

2019年7月1日(月)~8月20日(火)必着

■最終審査会及び表彰式

フォーラム『古典の世界を読む2019』第11回古典の日朗読コンテスト公開最終審査会と表彰式

【日程】2019年12月1日(日)
【場所】京都府立京都学・歴彩館(京都市左京区下鴨半木町1−29)
【内容】一次及び二次審査通過者による公開朗読。審査の上、受賞者を決定し、表彰式を行います。
    観覧は事前申込み制。申込み方法は8月下旬にホームページ、他チラシで発表予定。

■各賞

大 賞: 古典の日推進委員会会長賞
【一般部門】【中学・高校生部門】各部門より1作品
特別賞: 文部科学大臣賞、京都府知事賞、京都市長賞、宇治市長賞、京都商工会議所会頭賞
【一般部門】【中学・高校生部門】より各賞1作品
京都府高等学校文化連盟会長賞
【中学・高校生部門】の高校生より1作品
古典の日推進委員会特別賞
【中学・高校生部門】の中学生より1作品   
※受賞者には賞状並びに記念品を授与。
【中学・高校生部門】の大賞(古典の日推進委員会会長賞)及び特別賞(京都府高等学校文化連盟会長賞)受賞者は、全国高校生伝統文化フェスティバル -伝統芸能選抜公演-(12月15日(日)・京都コンサートホール)において朗読を発表予定。

■審査員

審査委員長 菊川 德之助 (演出家・元近畿大学舞台芸術教授)
審査員 端田 宏三 (大阪放送劇団俳優・関西朗読家クラブ代表)
宮田 圭子 (女優)
三好 仁 (元KBS京都アナウンサー・朗読講座講師)
中村 宏 (元NHKアナウンサー・「NHKラジオ深夜便」第1・第3金曜日を担当)
星野 祐美子 (フリーアナウンサー)
特別顧問 芳賀 徹 (国際日本文化研究センター名誉教授)

■審査料

【一般部門】1,500円 【中学・高校生部門】無料
ゆうちょ銀行(郵便局)の「定額小為替」(手数料は各自負担)を利用のこと。
「定額小為替」には、何も記入しないで下さい。
審査料はいかなる場合も返金しませんので、ご了承ください。

■審査方法

録音媒体(テープ、MD 、CDのみ)による一次及び二次審査を行い、最終審査会出場者を決定。
※最終結果及び最終審査会出場者への通知は10月中旬頃を予定。
※最終審査会出場者は、古典の日ホームページでも発表します。

■応募資格

アマチュアに限る。国籍不問。過去の大賞受賞者は応募不可。

■応募方法

・ひとり1作品。日本語での原文朗読。複数による朗読や群読は不可。
・BGMや効果音の使用は不可
作品の冒頭に「応募者の氏名」と「作品名」を録音。テープの場合は、必ず巻き戻して頭出しのこと。
「応募申込書(必要事項記入)」・「録音媒体」・「定額小為替(【一般部門】のみ)」をセットの上、
 書留又は宅配便(配達記録のわかるもの)にて下記まで送付。(送料各自負担)
・応募申込書は、ホームページからダウンロードできます。

「応募申込書」ダウンロードはこちら(PDF形式)

■注意事項

・指定範囲外の朗読や応募書類等の不備、雑音・二重録音など録音状態の悪い作品については、応募を無効、
 もしくは審査の対象外とすることがあります。
・応募作品は返却しません。また、紛失、未着等の責任は負いませんので、ご了承ください。

■その他

・受賞作品及び最終審査会の写真を最終審査会終了後、ホームページやFacebookにて公表します。
・各作品の掲載権は、古典の日推進委員会が保有します。また、PR等のため、当委員会が許可したメディア
 (テレビ、ラジオ、新聞等)において放送・掲載する場合があります。
・受賞された方には、マスコミより取材、写真掲載をお願いする場合があります。掲載によるいかなるトラ
 ブルも当委員会は責任を負いません。
・提供いただいた個人情報は、当コンテストの実施および当委員会の事業のご案内、各種連絡の目的にのみ
 使用します。

■応募・お問い合わせ先

〒600-8009
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
公益財団法人 京都文化交流コンベンションビューロー
古典の日推進委員会 朗読コンテスト係 
TEL : 075-353-3060(月~金 9:00~17:00) FAX : 075-353-3055 
お問い合わせフォーム(←お問い合わせフォームでのご応募は出来ません。)

TOPに戻る