「街かど古典カフェ」2019年 II

「街かど古典カフェ」2019年 II

へたなうたよみ きのつらゆき
-古今集に抱かれた日本人-連続講座〈4回〉

正岡子規から「貫之は下手な歌よみにて『古今集』はくだらぬ集」と全否定された、紀貫之。ほんとうに「下手な歌よみ」なのでしょうか。もし、貫之がいなかったとしたら・・・。王朝文学の開拓者であり、ひらがなの申し子であった紀貫之について、千年前に詠まれた和歌とともに読みときます。

「街かど古典カフェ」は、一流の講師を囲み、趣のあるパリ街角のカフェのように、少人数で講師を囲み、親しく議論を深める贅沢な講座です。

【1. 日時】
 令和元年9月4日、11日、18日、25日 ※いずれも水曜日

 14時~15時30分(受付:13時30分)

【2. 会場】
 虎屋 京都ギャラリー(虎屋菓寮 京都一条店横)

 京都市上京区一条通烏丸西入広橋殿町400
 ※京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 6番出口より南へ徒歩約7分
 https://www.toraya-group.co.jp/

【3. 定員】
 30名(申し込み多数の場合は抽選)

【4. 受講料】
 8,000円(4回通し・お茶菓子付)

【5. 講座内容】

第1回 (9月 4日)「匠のわざ―紀貫之は下手な歌詠みか」

第2回 (9月11日)「ひらがなの申し子―やまとことばの魅力」

第3回 (9月18日)「女もしてみむとてするなり―『土佐日記』の驚くべき前衛」

第4回 (9月25日)「日本の美意識をつくる―見立てと取り合わせ―」

書き手が男性に限られ、漢文で記録するものだった日記(家記)を、貫之は女装という倒錯的な方法で、「ひらがな」なら女性でも日記が書けるよ、と女手による文章表現を勧めたのです。驚くべき前衛というべきでしょう。才気煥発な女性たちを目覚めさせ、『蜻蛉日記』そして『枕草子』『源氏物語』の時代を導いたのも、貫之でした。

【6. 講師プロフィール】

■小林 一彦(こばやし かずひこ) 

京都産業大学文化学部教授。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院後期博士課程単位取得。和歌文学会常任委員、中世文学会委員、日本文学風土学会常任理事、全国大学国語国文学会委員などを歴任。教育・研究・執筆活動のかたわら、古典の魅力をわかりやすく伝える講演活動にも力を入れており、幅広い年代を対象に古典の語り部として各地を歩く。著書には『鴨長明と寂蓮』(笠間書院)、『続拾遺和歌集』(明治書院)、『鴨長明方丈記』(「100分de名著」ブックス、NHK出版)などがある。京都新聞に「古典に親しむ-新古今和歌集の森を歩く」を毎週月曜連載中。

【7. 募集について(詳細はちらし参照)】

 Ⅰ.募集期間:令和元年6月24日(月)~7月17日(水)必着
 Ⅱ.応 募:下の申し込みフォーム又は郵便往復はがき(1通につき1名)
 Ⅲ.申込先:〒600-8009
 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
 公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー内
 古典の日推進委員会「街かど古典カフェ」Ⅱ係

<郵便往復はがき記入例>
記入例を参考に、必要事項を黒のボールペン等ではっきりとご記入ください。
(字が消せるタイプの筆記具はご使用にならないでください。)

 Ⅳ.申し込み多数の場合は抽選。抽選結果の通知については7月下旬を予定。
 ※往復はがきでお申し込みの当選者の方には、受講料の入金確認後、受講票(返信はがき)を送付します。Webでお申し込みの方は、メールでご案内いたします。(受講料の振り込み手数料は各自ご負担ください。)
 ※入金後のキャンセルはできませんのでご注意ください。
 ※応募時にご記入いただいた個人情報につきましては、古典の日推進委員会の事業のご案内や、各種連絡の目的にのみ使用します。
 ※応募等についての問合せは、古典の日推進委員会までお願いします。

 Ⅴ.注意事項(次の場合は応募が無効となりますので、ご注意ください)
 ①Web申し込み、郵便往復はがき以外での応募 / ②重複応募(Web申し込み・はがきの重複も含む)
 ③1通につき2名以上の応募 / ④記入漏れ、記載不備 / ⑤応募締切日を過ぎたもの

たくさんのお申し込みありがとうございました。受付は終了いたしました。

「街かど古典カフェ」Ⅱちらし(PDF形式)

TOPに戻る