古典の日

古典の日ホーム > 「古典の日」について

「古典の日」宣言
『源氏物語』は、日本の古典であり、世界の古典である。
一千年前、山紫水明の平安の都(みやこ)に生まれたこの作品は、文学はもとより美術、工藝、またさまざまの藝能に深い影響を及ぼし、日本院の美意識の絶えることの ない源泉となってきた。一九三〇年代に英訳されて以来、近年では、二十余りの外国語に翻訳されて、世界各地の人々に愛読され、感銘を与えている。
この物語について、『紫式部日記』に記された日から数えて一千年。この源氏物語千年紀を言祝(ことほ)いで、私たちは、今後十一月一日を「古典の日」と呼ぼう。
古典とは何か。
風土と歴史に根ざしながら、時と所をこえてひろく享受されるもの。人間の叡智の結晶である、人間性洞察の力とその表現の美しさによって、私たちの想いを 深くし、心を豊かにしてくれるもの。いまも私たちの魂をゆさぶり、「人間とは何か、生きるとは何か」との永遠の問いに立ち返らせてくれるもの。それが古典である。
揺れ動く世界のうちにあるからこそ、私たちは、いま古典を学び、これをしっかりと心に抱(いだ)き、これを私たちのよりどころとして、世界の人々とさらに深く心を通わせよう。
そのための新たな一歩を歩みだすことを、源氏物語千年紀にあたって、私たちはここに決意する。
紫のゆかり、ふたたび。

平成二十年(二〇〇八年)十一月一日 源氏物語千年紀よびかけ人
源氏物語千年紀委員会

「古典の日」について

「古典の日」推進基本構想

「古典の日」宣言の趣旨に沿って、次の考え方によって事業を展開する。

一、
人は古典によってこそ生きることをあらためて自覚し、古典によって広く世界の知性と共鳴しあう新しい文化創造の運動を起こす。
一、
古典を読み、書き、聞くなど五感を使って古典に親しむ活動を、児童・生徒・学生をはじめ、男女年齢を問わず、すべての市民に広く深く浸透させる。
一、
文学・美術・工藝・藝能など幅広く古典を知ることのよろこびを人々の心のうちに広め、やがて「古典の日」を国民共有の日として定着することをめざす。