古典の日

古典の日ホーム > 古典の日絵巻第六巻 能と源氏物語の世界バックナンバー

古典の日絵巻第六巻 能と源氏物語の世界バックナンバー

古典の日絵巻第六巻 能と源氏物語の世界

半蔀

 現存する能の演目は、約240曲ほどあります。その中で『源氏物語』を題材としたものは、新作能を含めて13曲。これほどまでに『源氏物語』が能の演目として取り上げられる理由はなぜなのでしょうか。その魅力を金剛流二十六世宗家、金剛永謹さんにお話しいただきます。

第一回 平成29年4月1日

「半蔀」(はしとみ)
◇原作ストーリー

 この曲の典拠は『源氏物語』の「夕顔」の巻です。ある日、光源氏は五条あたりの草の茂る古びた家に白く咲く夕顔に目をとめます。その花を所望すると白い扇に、
心あてにそれかとぞ見る白雲の光添へたる夕顔の花
という歌が書き添えられていました。その歌に心惹かれた光源氏は、
寄りてこそそれかとも見めたそかれにほのぼの見つる花の夕顔
と歌を返し、夕顔と密かに交際するようになります。その当時、六条御息所のもとへ通っていた光源氏は、気位の高いその性格とはまったく違う頼りなげでおおらかな夕顔に心惹かれていくのです…。

◇宗家の語る見どころ

「半蔀」は、原作の暗いイメージを感じさせない夕顔の花の精のイメージのあるたいへんきれいなお能です。六条御息所の生霊にとり憑かれ息絶えてしまうのですが、このお能では怨霊は出てこないし、怨霊によって殺されたとも言いません。原作とは異なり、夕顔が源氏と出会えた喜び、昔のよい想い出を語る優美で明るい作品です。

 お能は歌舞伎や演劇と違い、簡素化された空間で物語が展開していきます。能の世界では舞台に置く道具のことを「作り物(つくりもの)」といいます。夕顔と瓢箪をつけた蔀戸(しとみど)を模した作り物はこの曲独特のもので、夕顔が蔀戸を竹で押し上げ、喜びを表した優美な序の舞を舞った後に、またその奥に消えていきます。

 ここでは清楚で若い女性の印象の「小面(こおもて)」を使用します。装束も明るい白を身に着け、白く美しい夕顔をイメージしているのでしょう。同じ題材とする能の「夕顔」では、つける面や装束が変わってきます。

 またこの曲は内藤某によってつくられたものですが、この名前は「半蔀」にしか出てきません。これほど人気のある曲を書く人の名前が他に出てこないのもミステリアスな気がします。

次回は「夕顔」を紹介いたします。

小書(こがき)に「立花供養(りっかくよう)」と書かれると、最初に舞台正面に立花が供えられ、そこに夕顔の花を添える特殊な演出があります。
※小書…通常の演出とは異なる演出のことで、番組の曲名の横に小さく書かれています。

最新号
古典の日絵巻[第六巻:能と源氏物語の世界]はこちら
バックナンバー
古典の日絵巻〔第五巻:日々のなかの古典〕はこちら
古典の日絵巻〔第四巻:琳派400年〕はこちら
古典の日絵巻〔第三巻:新たなステージへ〕はこちら
古典の日絵巻〔制定記念臨時増刊号〕はこちら
古典の日絵巻〔第ニ巻:制定をめざして〕はこちら
古典の日絵巻〔第一巻:奥の細道〕はこちら