「羽裏」密かに楽しむ粋・洒落・数寄の美学 進化する琳派・羽裏展

開催年2015
開催日4月11日(土)〜19日(日)
時間11:00〜17:00
内容江戸時代は「粋・洒落・数寄」といった着る人の器量にふさわしいデザインを思い思いに羽裏で密やかに楽しむことが当たり前でした。琳派模様の羽裏は町民の富裕層・武家の間で競って採用され、現代の着物にいたるまで裏の美として重用されてきました。その琳派の影響を最も大きく受けたといわれる着物の美、なかでも羽織の裏地「羽裏」に焦点をあて、3つの構成で展覧します。
◇芸術系6大学OB・学生による選抜羽裏展
京都市立芸術大学 京都精華大学 京都嵯峨芸術大学 成安造形大学 大阪成蹊大学 京都造形芸術大学
◇特別招待作家による羽裏展
大森正夫 兼先恵子 嶋高宏 久谷政樹 八幡はるみ
◇岡重の羽裏意匠コレクション展
会場織成館別館・岩上ホール
住所京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町693
アクセス・市バス「今出川浄福寺」から北へ「千本上立売」から東へ徒歩5分
主催者(公財)手織技術振興財団「進化する琳派・羽裏展」実行委員会事務局
お問い合わせ先 TEL : 075-213-3471
参加費無料

Comments are closed.