アイフル ファーストプレミアム・カードローンの審査は厳しい?

アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」は、限度額が最低100万円に設定されているその名のとおりプレミアムなカードローンです。

限度額の高さと消費者金融の便利さ、手軽さ、即日融資も可能というスピード感を兼ね備えているのが非常に大きな特徴となっています。

ここでは「ファーストプレミアムカードローン」の利用条件、審査難易度、在籍確認、借入・返済方法などのあらゆる情報をわかりやすく解説しています。

「ファーストプレミアムカードローン」は、まだアイフルを1度も利用したことがない人だけが申し込みできる商品です。

まだアイフル審査を受けたことがない人だけにチャンスがあるカードローンなので、ぜひ内容を確認してみてください。


もくじ

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」基本情報

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」は、かなり特徴があるカードローンです。
まずは金利や限度額などのスペックを確認しておきましょう。

▼「ファーストプレミアムカードローン」商品概要

貸付利率(実質年率) 3.0%~9.5%
遅延損害金(実質年率) 20.0%
貸付限度額 100万円~800万円
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間 サイクル制と約定日制から選択可能
返済回数 借入直後最長9年6ヵ月(1~101回)
貸付対象者 ・満23歳~59歳で一定の年収があり、アイフルを初めて利用される方
・定期的な収入と返済能力を有する方でアイフル基準を満たす方
※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となります。
担保・連帯保証人 不要
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書

 

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」は、アイフルの通常のカードローン商品となる「キャッシングローン」と比較すると圧倒的低金利!

銀行カードローンよりも低い金利で借り入れをすることができます。

ただし、申し込みができる人が限られているので、まずはご自分が申し込み可能かどうかチェックしてみてください。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の申し込み条件

アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」の申し込み条件は、大きく分けて3つあります。

条件1:「満23歳~59歳」であること

まず、23歳未満の方は申し込みをすることができず、また上限年齢は59歳なので、年金受給者の申し込みはできません。

アイフルの普通のカードローンは20歳から申し込み可能なので、年齢制限はやや厳しくなっています。

条件2:「アイフルを初めて利用する人」であること

「ファーストプレミアムカードローン」はアイフルを初めて利用する人だけが申し込みできる商品なので、過去にアイフルの融資を受けたことがある場合は申し込みできません。

<参考>アイフルの融資商品
・キャッシングローン
・SuLaLi
・おまとめMAX
・かりかえMAX
・無担保ローン:個人プラン/法人プラン
・不動産担保ローン:個人プラン/法人プラン

条件3:「定期的な収入と返済能力」があること

「ファーストプレミアムカードローン」は、キャッシングローンよりも高い返済能力を求められることになります。

明確な年収制限はありませんが、最低でも年収300万円以上は必要なので、アルバイト・パートの方は申し込みをすることができません。

なぜ、年収300万円が最低ラインになるのかというと、「ファーストプレミアムカードローン」の貸付限度額が100万円~となっているからなんです。

カードローンの限度額は、総量規制によって年収の3分の1を上限にすることが定められています。

「ファーストプレミアムカードローン」も総量規制の対象となる借り入れなので、100万円の借り入れ枠を獲得するには300万円以上の年収が必ず必要になるのです。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の限度額は?

「ファーストプレミアムカードローン」の限度額は100万円~800万円となっています。限度額は審査によって決まりますが、例えば200万円の借り入れ枠を設けるためには年収が600万円必要になります。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の金利は?

金利は、設定される限度額によって決まっています。

融資限度額 金利
100万円以上~200万円未満 年3.0%~9.5%
200万円以上~300万円未満 年3.0%~8.5%
300万円以上~400万円未満 年3.0%~6.5%
400万円以上~500万円 年3.0%~5.5%
500万円超~800万円 年3.0%~4.5%

 

限度額が100万円になった場合、9.5%を上限に貸付が行われることになります。
この、融資額100万円に対して金利が9.5%という設定は非常に低金利なんですよ。

カードローンの金利は、利息制限法によって上限金利が定められています。

▼利息制限法による上限金利
・元本の金額(限度額)が10万円未満のときの上限金利:年20.0%まで
・元本の金額(限度額)が10万円以上から100万円未満のとき上限金利:年18.0%まで
・元本の金額(限度額)が100万円以上のときの上限金利:年15.0%まで

限度額が100万円の時でも金利は15.0%まで定めることができるので、他のカードローン商品の場合、実際に15.0%で融資されることも全く珍しいことではありません。

「ファーストプレミアムカードローン」は上限金利が9.5%に決まっているので、これ以上高くなることはないのです。

金利面では間違いなく圧倒的低金利なので、銀行カードローンよりも有利な借り入れができますよ。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」を選ぶメリット

「ファーストプレミアムカードローン」のメリットを見ていきましょう。

限度額が高く金利が低い!

最低でも100万円借りられる限度額の高さと、金利が9.5%から上がることがないという点は、「ファーストプレミアムカードローン」の最大のメリットです。

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いと言われていますが、それでも限度額100万円で金利が9.5%になることはホントに滅多にありません。

なんと30日間無利息サービスの対象!

「ファーストプレミアムカードローン」はそもそも金利が低いカードローンなのですが、さらに契約の翌日から30日間は無利息で借りることができるんです。

銀行カードローンを凌ぐ低金利なのに、無利息で借りられるってすごくないですか?

なお、アイフルの無利息期間は「契約の翌日から30日間」になるので、お金を借りても借りなくても自動的にスタートして30日後には終了します。

この期間が無駄にならないように、「ファーストプレミアムカードローン」に申し込みをする日と、借り入れをする日が離れすぎないようにしましょう。

⇒アイフルの金利は引き下げ可能?無利息サービスも解説

即日融資も可能!

スピード審査で知られているアイフルなので、「ファーストプレミアムカードローン」も最短即日融資が可能となっています。

銀行カードローンで即日融資をすることはできないので、この超低金利で借りられるカードローンとしては最速と言っても良いでしょう。

⇒アイフルは即日融資可能?急ぎで借りる方法や受付時間などを解説

面倒な手続きが不要

少しでも金利を低くするために銀行カードローンで融資を受ける場合、その銀行の口座を開設しないと融資を受けられないこともよくあります。振込と返済をその口座から行うためですね。

そして、こういった低金利な銀行カードローンの多くが郵便物を避けることができません。

他に使う予定のない口座開設は管理も面倒ですし、「今使っているお給料振込用の口座から口座振替で返済したい」という希望には対応できないこともあります。

アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」は口座開設も不要ですし、返済方法は6種類から自由に行うことができます。

銀行カードローン以上に有利な金利帯で、消費者金融の手軽さというメリットを享受できる唯一無二のカードローンと言っても大げさではないでしょう。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」を選ぶデメリット

メリットが多いように感じられる「ファーストプレミアムカードローン」ですが、知っておきたいデメリットや注意点もあります。

審査難易度は高め!

「ファーストプレミアムカードローン」の最大のデメリットは、審査ハードルが高いということ。

まず、年収は最低でも300万円必要ですし、年齢も23歳~59歳と限られています。

アルバイト、パート、フリーターの方などは年収面で難しいことになりますし、年収が300万円あったら必ず審査を通過できるとも限りません。

むしろ300万円台ギリギリでは審査通過は難しいでしょう。

アイフルの利用は初めてでも、他社から借り入れがあると総量規制に引っかかってしまったり、返済能力に欠けると判断されて否決となることもあるでしょう。

ただ、年収が300万円弱でも勤続年数が長かったり、誰もが知っている上場企業に勤務している、公務員であるなど有利となる属性であれば審査通過を十分に望めます。

審査に落ちた時のデメリットは?

「ファーストプレミアムカードローン」の審査に落ちてしまった場合のデメリットは、信用情報機関に一定期間記録が残ってしまうことです。

カードローンの申し込み履歴は、信用情報機関に6ヶ月間記録されます。

そのため、もし審査に落ちてしまって6ヶ月以内に別のカードローンに申し込むとしたら、アイフル審査に落ちてしまったことがわかってしまいます。

この記録が他社の審査に影響がないとは言えませんが、アイフル1社だけに落ちたことだけが理由で他のカードローン審査に通らないということは考えにくいですし、6ヶ月経過すれば自動的に記録は消えます。

なお、信用情報機関は、カードローンだけでなくクレジットカードの審査、住宅ローン審査など、ローン審査の際に必ず参照されることになります。

ですので審査が特別に厳しい住宅ローンのような融資を受ける場合は、カードローンの利用歴があるだけでも否決されることがあると言われています。

これは「ファーストプレミアムカードローン」だけのデメリットではありませんが、近い将来住宅ローンを利用することが予想される場合は、「ファーストプレミアムカードローン」での借り入れそのものを再検討した方が良いかもしれません。

アイフルの通常のカードローンで借りられることもある

アイフルの通常のキャッシングローンと比べると、審査難易度が高くなる分だけ「ファーストプレミアムカードローン」のほうがリスキーとなることは間違いありません。

ただ、「ファーストプレミアムカードローン」の審査に落ちた場合にアイフルの方から「ファーストプレミアムカードローンではご融資は不可となりましたが、通常のキャッシングローンでしたら50万円までご融資可能ですがいかがでしょうか?」と提案されることもあります。

再度申し込みをすることなくキャッシングローンで審査をしてもらえるので、年収が300万円を超えている人でしたら、「ファーストプレミアムカードローン」に申し込んでみたほうがメリットが大きいと考えることもできます。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の申し込み方法

「ファーストプレミアムカードローン」の申し込みはWEB限定となっていて、電話や無人契約機などで申し込みをすることができません。

手順1:インターネットから申し込み手続きをする

アイフル公式サイトに「ファーストプレミアムカードローン」専用の申し込みフォームがあるので、そちらから手続きをします。

手順2:アイフルの審査

アイフルの審査にかかる時間は最短30分なのですが、「ファーストプレミアムカードローン」は融資額が高額なため、審査は慎重に行われることになります。

急いでいるときはアイフルに電話を!

審査には通常のカードローンよりも時間がかかることが予想できるので、急いでいる場合はアイフルに電話をかけて急いでいることを伝えましょう。優先して審査をしてもらうことができます。(0120-337-137 受付時間:9:00~21:00)

手順3:審査結果・契約手続き

ファーストプレミアムカードローンの審査結果はメールまたは電話でお知らせがあります。

契約方法は、インターネット(WEB完結)または無人契約機で行います。ローンカード発行の有無によっても便利な契約方法が異なります。

▼インターネット(WEB完結)
ローンカードが不要な場合は、「WEB完結+カードレス」で契約しましょう。

インターネットだけで契約が完了するので郵便物が送られてくることもありませんし、契約後すぐに「振込融資」と「スマホATM」でお金を借りることができます。

ただし、WEB完結は返済用の口座登録が必須となり、返済方法は口座振替に限られることになります。

▼無人契約機
ローンカードが必要な場合は、無人契約機での契約が便利です。

無人契約機に足を運ぶという手間はかかりますが、契約とローンカードの発行がその場で完了するので、郵便物が送られてくることがありません。

契約後すぐにATMと口座振込で借りられるようになります。

▼インターネット契約でローンカード発行希望なら?
契約はインターネットで行いたいけどローンカードも必要という場合は、契約だけネットで行い、ローンカードは後日郵送してもらうことになります。

ローンカード到着前でも、契約が完了すればすぐ振込融資で借りることができます。
ただし、この場合は郵便物を避けることができませんので、ご注意ください。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の必要書類

「ファーストプレミアムカードローン」の必要書類は、
・本人確認書類
・収入証明書

になります。収入証明書も必須書類となっていますのでご注意ください。

本人確認書類 収入証明書
・運転免許証または運転経歴証明書
交付を受けていない場合は、以下のいずれか
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書
・在留カード
・マイナンバーカード(表のみ)
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書直近2ヶ月分
※賞与明細があれば1年分用意しておきましょう

 

本人確認書類は、運転免許証(運転経歴証明書)が最優先で、持っていない場合はその他の顔写真付きの本人確認書類を提出することになります。

いずれもお持ちでない場合は「健康保険証+公共料金の領収書」など、本人確認書類と補完書類が必要になります。

また、現住所が記載されている本人確認書類をお持ちでない場合は、本人確認書類(1点)と現住所が記載されている補完書類を2点の合計3点を提出します。

例1:運転免許証 (旧住所) +各種保険証(現住所) +年金手帳 (現住所)
例2:運転免許証(旧住所) +電気料金領収書 (現住所) +ガス料金領収書 (現住所)

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の在籍確認について

アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」は審査難易度が高めのカードローンということで、在籍確認に不安を抱えている人も多いと思います。

しかし、「ファーストプレミアムカードローン」では原則として電話による在籍確認は行われません。

アイフル公式サイト内のよくある質問に「在籍確認はありますか?」という項目があり、これに対する回答は「原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。」となっています。

アイフルは通常のカードローンでも「ファーストプレミアムカードローン」でも電話在籍確認は行っていないのです。

でも・・・、カードローンについてたくさん調べている人ほど、「在籍確認が行われないなんて信じられない!」と思うのではないでしょうか。

この疑問を解決するために、アイフルに直接「ファーストプレミアムカードローン」の在籍確認について問い合わせてみましたので回答をおしらせします。

アイフル:本日はどのようなお問い合わせでしょうか?

質問:よくあるご質問に「原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。」とありますが、これは基本的に電話在籍確認が行われることはないと解釈して大丈夫ですか?

アイフル:はい、必要となった場合に行うことになります。

質問:電話在籍確認の代わりになるような、社会保険証などの書類は必要ですか?

アイフル:必要となった場合に、ご提出いただくことはございます。

質問:「必要となった場合に」ということは、不要なこともあるということでしょうか?

アイフル:はい、不要な場合は在籍確認自体を行わずにご契約いただけます。

質問:「ファーストプレミアムカードローン」も同様の対応ですか?

アイフル:はい、ただ「ファーストプレミアムカードローン」は収入証明書のご提出が必要ですので、そちらは必ずご用意いただくことになります。

キャッシングローンでもファーストプレミアムカードローンでも、「原則として電話在籍確認は行われない」とオペレーターさんからバッチリ回答をいただくことができました!

「ファーストプレミアムカードローン」は、給与明細や源泉徴収票などの会社名が記載されている収入証明書を提出することになるので、改めて電話在籍確認は行わないと考えると納得ができます。

電話在籍確認はカードローン審査のいちばん高いハードルになるので、勤務先に電話がかかってこないというのは本当に助かります!

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の借入方法

「ファーストプレミアムカードローン」の借り方は、アイフルの通常のカードローンと同じで、ATMまたは口座振込で借りることになります。

ATMは「アイフルATM」と「提携ATM」がある

「ファーストプレミアムカードローン」が利用できるATMは、「アイフルATM」と「提携ATM」になります。

アイフルATM

営業時間 7:00~23:00
※一部店舗で異なることがあります
ATM利用手数料 無料

 

アイフルATMは、いつでも無料で利用することができますので、お近くの店舗を検索しておくと良いでしょう。

アイフルATMはローンカードが必要!

アイフルATMで借り入れ・返済をするときは、ローンカードが必須となります。

契約時に「カードレス」を選択した場合はアイフルATMが使えないことになりますので、後から郵送または無人契約機でローンカードを発行してもらうか、ローンカード不要で利用できる「セブン銀行ATM」または「ローゾン銀行ATM」で借りることになります。

提携ATM

▼アイフルの提携ATM
・セブン銀行
・ローソン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・コンビニATM Enet
・十八親和銀行
・福岡銀行(借り入れのみ)
・熊本銀行(借り入れのみ
・Famiポート(返済のみ)

提携ATMの利用手数料

提携ATMは、借り入れ・返済ともに、毎回利用手数料がかかります。

取引金額 借入 返済
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

 

提携ATMで借りる場合も基本的にはローンカードが必要になるのですが、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMに限ってはカードレスで借り入れと返済ができます。

カードレスの「スマホATM」で借りる

「スマホATM」は、ローンカードを使わずにアイフルスマホアプリでATMを操作できるサービスです。

スマホATMに対応しているATMは、「セブン銀行ATM」と「ローソン銀行ATM」になりますので、セブンイレブンやローソンならローンカードがなくても借り入れ・返済が可能となっています。

▼スマホATMで借りる流れ

手順1:アイフルスマホアプリにログインしておきます。

手順2:スマホアプリの「スマホATMで融資」を選択します。
※ここで「スマホATMで返済」を選択すると、返済手続きができます。

手順3:ATM画面で「スマートフォンでの取引」を選択します。

手順4:ATM画面にQRコードが表示されます。

手順5:手順4のQRコードをスマホアプリで読み取ると、スマホに企業番号が表示されます。(スマホ操作はここで終了です)

手順6:ATM画面に、手順5で表示された企業番号を入力します。

手順7:暗証番号の入力を求められるのでATM画面に暗証番号を入力します。

手順8:返済する金額を入力して「確認」を選択します。現金を挿入すると返済できます。

振込融資で借りる

振込融資は、インターネット・スマホアプリ・電話で振込依頼をして、自分の銀行口座に入金してもらう借り入れ方法です。

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行をはじめとした全国の1200の銀行などで、24時間365日(メンテナンス時間を除く)、最短10秒で振込手続きを行ってもらえます。

振込手数料は無料なので、ぜひ覚えておきたい借り入れ方法です。

未対応金融機関あての振込は「平日8:30~15:30」

24時間振込に対応していない金融機関でも、振込融資を利用することは可能です。ただしこの場合は、「平日8:30~15:30」が振込可能時間になりますのでご注意ください。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の返済方法

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の返済方法は、6種類から選択できます。

▼「ファーストプレミアムカードローン」の返済方法」

手数料無料 土日返済可能 深夜の返済が可能(※1) ローンカード不要
アイフルATM × ×
提携ATM・コンビニATM × ×
口座振替
コンビニマルチメディア端末 × ×
銀行振込 × × ×
スマホATM ×

(※1)メンテナンス時間を除きます

「ファーストプレミアムカードローン」の審査に通過するくらい安定した収入がある人でしたら、返済方法は「口座振替」にしておくことをおすすめします。

口座振替なら返済手数料は無料ですし、残高不足にだけ気をつけておけば延滞することもありません。

「ファーストプレミアムカードローン」は超低金利なので、お財布に余裕があるときにアイフルATMから追加返済を行って積極的に返済していけば、早期完済も目指しやすいでしょう。

「ファーストプレミアムカードローン」の返済シミュレーション

利息制限法では、限度額が100万円でも金利は15.0%まで定めることができるとお伝えしましたが、金利15.0%で100万円を借りて、アイフル約定返済額の26,000円で返済すると以下のようになります。

▼金利15.0%で100万円を約定返済するケース

毎月の返済額 26,000円
返済期間 4年5ヶ月
返済回数 53回
返済総額 1,371,143円
利息の合計 371,143円

 

「ファーストプレミアムカードローン」の場合、限度額が100万円であれば金利は上限金利となる9.5%が設定されることが予想されます。

金利9.5%で100万円借りて、約定返済で返済するとこうなります。

▼金利9.5%で100万円を約定返済するケース

毎月の返済額 26,000円
返済期間 3年11ヶ月
返済回数 47回
返済総額 1,196,924円
利息の合計 196,924円

 

約定返済額は、「最終借入時の借り入れ残高」で決まるので、金利が違っても毎月の返済額は同じです。

この同じ金額を返済して、返済期間は6ヶ月、利息は174,219円も違ってくるので、金利が低いということがどれだけ有利な借り入れができるのかがわかりますね。

口座振込で返済する場合、毎月引き落とされる金額は約定返済額のみになるので、26,000円が引き落とされるということになります。

ここで4,000円の追加返済を行って、毎月合計30,000円を返済した場合は以下のようになります。

毎月の返済額 30,000円
返済期間 3年4ヶ月
返済回数 40回
返済総額 1,165,304円
利息の合計 165,304円

 

約定返済のみで完済を目指すより31,620円の利息の節約になり、返済期間は7ヶ月も短くなりました。

生活に支障が出ないように調整しつつ、追加返済も行っていきたいですね。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の(まとめ)

「ファーストプレミアムカードローン」は本当にメリットが多いカードローンなので、ここで再度メリットを確認しておきましょう。

▼「ファーストプレミアムカードローン」のメリット
・上限金利が9.5%!これ以上高くなることは絶対にありません。
・最短即日融資も可能!
・郵便物なしでの契約ができる!
・原則、電話在籍確認がない!
・口座振替で返済すれば返済の手間がない

最低でも100万円の融資が確約されているカードローンで、即日融資が可能・銀行口座開設が不要・金利が10%を下回るなどの好条件を兼ね備えているのは、「ファーストプレミアムカードローン」だけと言っても良いくらいです。

メリットが多い一方で、把握しておきたいファーストプレミアムカードローンのデメリットもあります。

▼「ファーストプレミアムカードローン」のデメリット
・審査難易度は甘くはない
・最低でも年収300万円が必要

「ファーストプレミアムカードローン」の最大のデメリットは、審査が甘くはなくむしろ他のカードローンよりは厳しいところです。

しかし、もし「ファーストプレミアムカードローン」の審査に落ちてしまった場合でも、アイフルの通常のキャッシングローン審査に自動移行することもできます。

1度の申し込みで2つのカードローン審査を受けられるチャンスがあるというというところはメリットに付け加えて良いでしょう。

アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」は、手軽に100万円以上を借りられる方法であることは間違いなので、カードローン候補のひとつとして検討してみてください。


 
 
 

PAGETOP