ローンズ学灯社【口コミ】借りやすい?

学生の街、高田馬場には学生ローンのお店が多数点在しています。いくつもの看板を見比べながら「気になるけど、どこで借りるのが一番いいんだろう?」と頭を悩ませている学生さんは少なくないかもしれません。

ローンズ学灯社は高田馬場駅からかなり近いところに店舗がある貸金業者です。厳密には学生ローン専門店ではありませんが、学生(大学生・短大生・専門学校生)を対象にしたローン商品をメインに扱っています。

当ページではローンズ学灯社がどんな貸金業者なのか、扱っているローンはどんな内容なのか、申し込み方から返済の仕方、ネット上の口コミなどを網羅していますので、借りやすい学生ローンをお探しの方、ぜひ参考になさってください。


もくじ

「ローンズ学灯社」ってどんな貸金業者?

ローンズ学灯社が設立されたのは1974年のこと。すでに50年近くのも営業実績を持つ、学生ローンの老舗のひとつです。

長きにわたって学生ローンを扱ってきている業者ですので、学生ならではのニーズをよくわかっていますし、利用する側としても安心感があるのではないでしょうか。

まずはローンズ学灯社の会社概要からご紹介しましょう。

社名 有限会社 ローンズ学燈社
所在地 東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブン506
代表電話番号 03-3208-0043
FAX番号 03-3208-0346
設立 1974年3月15日
登録番号 東京都知事(13)第00552号
日本貸金業協会会員 第000399号
営業時間 平日 9:30~18:00
第1・3土曜日 9:30~15:00
定休日:日曜・祝祭日・第2・4・5土曜日
指定情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)
アクセス JR・西武新宿線 高田馬場駅 北口から徒歩1分

 

ローンズ学灯社ってヤミ金?借りたらやばい?

奨学金や銀行とは異なる、一般の貸金業者を初めて利用しようとする方にとっては、「ローンズ学灯社って怪しい業者じゃないの?」「ヤミ金だったらどうしよう」などと不安を感じるのも尤もです。中には、「そもそもヤミ金って何なのかがわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、ローンズ学灯社はヤミ金などではなく正規の貸金業者ですので、利用しても安全です。では健全な業者と絶対に借りてはいけないヤミ金とをどのように見分けたら良いのでしょうか。わかりやすくご紹介していきましょう。

ローンズ学灯社の登録番号をチェック!

学生ローン専門店も、貸金業を営むためには一定の水準を満たしていると認められたうえで国(財務局長)や都道府県(知事)の登録を受けなければなりません。

登録を受けた業者には、確かに正規の貸金業者であることを証明する「登録番号」が与えられます。上でご紹介した会社概要に「東京都知事(13)第00552号」とありますが、これがローンズ学灯社の登録番号になります。

この番号はひとつとして同じものはありませんし、業者が大きな問題を起こせば登録は取り消しとなり、登録番号も永久欠番となります。

正規の貸金業者であればサイトや広告物に必ず登録番号を記載していますので、まずはこのような登録番号を持つ業者なのかどうかをチェックしてみてください。

カッコ内の数字でわかること

登録番号は一度取れば終わりではなく、3年ごとに更新しなければなりません。ローンズ学灯社の登録番号は「東京都知事(13)第00552号」だと先ほどご紹介しましたが、カッコ内の数字は初回登録時に1、その後更新を重ねるごとに2、3、4……と1ずつ増えていきます。

つまり(1)なら開業してまだ3年経っていない業者、(2)なら開業して3~6年の業者という具合に、登録番号を見ればだいたいの営業年数がわかることになります。

この登録番号制度ができたのは1983年ですので、2021年12月現在では(13)が最多。よってローンズ学灯社はこの制度ができたときにすでに開業していた、一番の古株業者のひとつなんですね。

正規の業者かヤミ金かは金融庁のサイトで確認が可能ですので、不審に思ったらこちらのページで検索をかけてみてください。

上記にアクセスし、フォームに「学灯社」「00552」など情報のひとつを入れて検索すると、ローンズ学灯社がしっかりヒットします。これで間違いなくローンズ学灯社が正規の業者であるとわかります。

日本貸金業協会に加入している?

ローンズ学灯社は消費者金融業者や事業者金融業者、クレジットカード会社、信販会社などといった貸金業者のための業界団体「日本貸金業協会」にも加入しています。

日本貸金業協会は業界の健全性を保つため、また貸金業を利用する方々の利益を守るために設立されました。

日本貸金業協会は加入業者に対して、法律(貸金業法)よりも一段厳格な視点で指導、監督を行っています。もしその指示に従わなかった場合、最高1億円にもなる罰金が課せられることもあります。

日本貸金業協会への加入は義務ではありませんが、知名度の高い大手消費者金融は軒並み加入していますし、多くの中小消費者金融も名前を連ねています。逆にヤミ金がこちらに加入することはありませんので、安心できる業者を見分けるひとつの要素と考えても良いでしょう。

ローンズ学灯社の口コミは?

ローンズ学灯社に申し込んだことのある方、現在利用中の方の口コミをネット上で探してみましたのでご紹介します。文は内容が変わらない程度に編集しています。

・カレッヂ、アミーゴ、フレンド田から借りてる状態で学灯社が4社目だったけど借りられた。マルイには断られた。

・学灯社で20万借りられました。

・今借りている学生ローンはカレッヂ25万、学灯社で25万円。

借りている学生ローンのひとつとしてローンズ学灯社の名前を挙げている方が何人か見つかりましたが、口コミ自体はあまり多くありませんでした。

ローンズ学灯社の口コミが少ない理由は、実際利用している方があまり多くないことも考えられますが、「散々待たされた挙げ句に審査落ちした」「窓口対応が酷かった」など、不愉快さを感じた方が少ないからという可能性も考えられます。

実際、ローンズ学灯社についてのネガティブな書き込みは見当たりませんでした。

ネット上の口コミはどうしても悪いものに偏りがちで、可もなく不可もなくだった場合にはあえて書き込まないことも少なくありませんので、この点は差し引いて考えたほうが良さそうです。

ローンズ学灯社が扱うローンとその特徴

ローンズ学当社には、

・学生ローン
・プロジェローン

の2種類のローン商品があります。

ただこの2つのローンは申し込める方が異なっているだけで、ローン商品のスペックとしては同一のものとなっています。

学灯社のローンの貸付条件

では具体的にローンの特徴を見てみることにしましょう。学生ローンとプロジェローンの貸付条件は以下のようになっています。

利用限度額 1万円~50万
貸付金利 実質年率16.50%~18.00%
審査時間 最短10分
返済期間 5年以内
返済回数 1~60回
返済日 利用者が指定
返済方式 元金自由返済
担保・保証人 不要
遅延損害金 年利20.0%

 

各ローンに申し込める人は?

学生ローンとプロジェローンは申し込める方の条件が異なります。端的に言えばプロジェローンは学生ではなく一般の方向けのローンとなります。

★学生ローンに申し込めるのは
満20歳以上の大学生、大学院生、短大生および各種専門学校生の方
 
サイト等には記載がありませんが、無収入の方は申し込み不可。アルバイトなどである程度安定した収入がなければ申し込むことはできません。また、学生の方でも未成年の方は申し込みできません。

★プロジェローンに申し込めるのは
満20歳~45歳の方で一定の収入がある方

他の消費者金融などのローンとは異なり、45歳までの年齢制限があり、シニア層などは利用できない商品になっています。一定の収入があれば就業形態は問われませんので、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員などの方でも申し込み可能です。

学灯社のローンは低金利?

学灯社の学生ローン、プロジェローンの貸付金利は16.5%~18.0%となっています。この金利を他の学生ローンや大手消費者金融の貸付金利と比較してみましょう。

名称 貸付金利 融資額
学灯社 16.5%~18.0% 1万円~50万円
トーエイ 15.0%~18.0% 1万円~50万円
カレッヂ 17.0% ~50万円
フレンド田 12.0%~17.0% 1万円~80万円
マルイ 15.0%~17.0% 1万円~50万円
アミーゴ 14.4%~16.8% 3万円~50万円
友林堂 12.0%~16.8% 1万円~30万円
イー・キャンパス 14.5%~16.5% 1万円~80万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円

 

一般的に初回利用時には貸付金利の上限での契約になります。16.5%~18.0%の学灯社であれば18.0%での貸し付けになるわけですね。

この上限金利を見ると、学灯社の金利は他の学生ローンと比べて高め、大手消費者金融のプロミスと比較しても少し高く、アコム、アイフルと同等であることがわかります。

学生ローンのメリットのひとつに金利の低さが挙げられますが、ローンズ学灯社の金利だとこの利点があまり当てはまらないということになってしまいます。

大手消費者金融の場合、金利が高めになっている分、

・初めての利用時には1ヶ月間など無利息期間が設けられている
・コンビニのATMなどからカードで簡単に追加借入ができる
・自動引落やATMからの入金など返済手段が多彩

など、利便性やサービス面で学生ローンより有利な点が多々ありますので、場合によってはローンズ学灯社より大手消費者金融を選択したほうが良いケースもありそうです。

ただし、ローンズ学灯社でも時折キャンペーンが行われ、貸付金利が引き下げられたり友達の紹介でキャッシュバックされたりといったことがあるようです。

どうせ契約するなら少しでも好条件で契約したいもの。気になる方はこまめに公式サイトをチェックしておきましょう。

学灯社の利用限度額は50万円

学灯社から融資を受けられるのは最高50万円まで。これは上限が80万円までのフレンド田、イー・キャンパスと比べると少ないですし、一般の消費者金融と比べるとかなり心もとなく感じてしまいます。

ローンズ学灯社で借りるには?申込方法

ローンズ学灯社への申し込みは、

・インターネット
・電話
・店頭

で受け付けています。

学生ローンもプロジェローンも同じ方法で申し込むことができます。

学灯社の申し込みから融資までの流れ

融資までの流れはインターネット(スマートフォン、パソコン)でも電話でも、申し込みの部分が異なるだけで、あとはほぼ同じ流れになります。店頭で申し込みたい方も、まずはローンズ学灯社まで電話して、予約をしてからお店に行くと安心です。

申し込みから契約、融資までの流れは以下のようになります。

1.学灯社に申し込み

インターネットで学灯社に申し込む場合

スマートフォン、パソコンで学灯社公式サイトにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力して申し込みます。

電話で学灯社に申し込む場合

03-3208-0043 に営業時間内に電話して申し込みます。申し込み、問い合わせ、予約、全て共通の番号です。

ローンズ学灯社 営業時間:
平日 9:30~18:00
土曜 9:30~15:00
※日曜、祝日、第2・4・5土曜日は定休日です。

2.申し込みの確認

インターネットで申し込んだ場合は申し込みフォームで、申込者からローンズ学灯社に連絡するか、またはローンズ学灯社側から連絡してもらうかを指定することができます。

ローンズ学灯社から連絡してもらうことを選んだら、連絡先(携帯電話/自宅電話/実家電話)と連絡可能時間帯(月・日・時間)を指定してください。

指定した日時と方法でコンタクトし、申し込みの確認が行われます。もしも疑問点等があるのなら、このときに問い合わせて解決しておきましょう。

3.必要書類の提出

審査に際して必要書類を提出します。詳しくは後述しますが、本人確認書類は申し込む全ての方が用意しなければなりません。

必要書類は写メールの送信、またはコピーをFAXする形でローンズ学灯社に提出します。

メール:info@gakutousha.com
Fax:03-3208-0346

4.審査結果の連絡と説明

ローンズ学灯社で審査が行われ、指定していた方法で審査結果が知らされます。

可決した場合には融資に関する説明も合わせて行われます。

5.事前書面交付

契約の前段階として事前書面がメールで送られてきます。しっかり目を通しておきましょう。

6.融資

指定した金融機関の口座に融資されたお金が振り込まれます。

7.契約書類郵送

ローンズ学灯社から契約書類が郵送されます。

8.ローンズ学灯社へ書類返送

契約書類に必要事項を記入し、同封されていた返信用封筒に入れてローンズ学灯社にすみやかに返送してください。

ローンズ学灯社へ提出する必要書類

ローンズ学灯社の申し込みには本人確認書類が必要です。また、場合によっては収入証明書類の提出も合わせて求められることがあります。

ここではそれぞれの一般的な例をご紹介しますが、以下の書類が用意できない場合など、詳細についてはローンズ学灯社まで直接お尋ねになってみてください。

本人確認書類

本人確認書類としては、

・保険証
・運転免許証
・住民票

のいずれか1点が必要です。場合によっては2点の提出を求められるケースもありますので、スタッフの指示に従ってください。

また学生ローンに申し込むためには、学生証の提出が必須になります。

収入証明書類

ローンズ学灯社で希望する借入金額と、他社からの借入金額の合計が100万円を超える場合には、年収を証明できる書類の提出が必要になります。収入証明書類としては、

・給与明細書(直近2ヶ月分)
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・住民税決定通知書(最新のもの)
・所得証明書(最新のもの)

などのコピー1点を用意してください。

ローンズ学灯社の審査、融資までにかかる時間は?

ローンズ学灯社の審査は最短で10分となっていますが、審査の混み具合や申込書に不明な点がある場合などはもう少し長くかかる可能性があります。

手続きがスムーズに進んだ場合には即日融資が可能です。

ただしローンズ学灯社からの融資は振込になります。せっかく手続きが完了しても平日の15時を回ってしまうと、金融機関の営業時間の関係から当日の融資が不可能になってしまいます。

即日融資を希望する方は平日の午前中に申し込み、ローンズ学灯社のスタッフにも急ぎであることを伝えておくことをお勧めします。インターネットではなく電話での申し込みもお勧めです。

ローンズ学灯社「親バレ」は大丈夫?

ローンズ学灯社に申し込んでも、親御さんに確認の連絡があったり保証人を立てるよう求められることはありません。

ただ、契約時に書類が郵送されてきますので、親御さんと同居されている方はこれで申し込みが見つかってしまうかもしれません。社名を伏せて送ってもらっても怪しまれる可能性はありますし、こればかりは自分で注意するしか方法はなさそうです。

どうしても親バレしたくない場合には、高田馬場の店舗まで出かけられる方に限られますが、店頭で契約するのもひとつの方法です。ローンズ学灯社の店頭で契約すれば契約書類もその場で手渡しされますので、郵送物がありません。

延滞には十分に注意を!

契約書類の郵送時さえ気をつけておけば親バレは考えなくても良さそうですが、無断で延滞した場合には話は別です。本人に連絡が取れなければ親御さんのもとに確認の連絡が来ることは避けられないでしょう。

もちろん延滞しないのが一番なのですが、もしも支払いが遅れるようなことがある場合には、必ずローンズ学灯社に電話して、遅れる旨を伝えるようにしてください。

ローンズ学灯社は追加融資可能?

一度融資を受けたあとでさらに追加融資が必要になった場合には、インターネットで申し込むことが可能です。公式サイトの「会員の方のお申込み」から入力フォームに進み、申し込んでください。

簡単な審査の後、可決となれば追加融資を受けることができます。

ローンズ学灯社への返済方法

ローンズ学灯社への返済は、

・銀行振込
・店頭持参

で受け付けています。自動引落による返済には対応していませんので、「うっかり返済する日を忘れていた」ということがないよう、十分な注意が必要です。

ローンズ学灯社の振込先は、

・みずほ銀行 高田馬場支店
・三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店

のどちらかを選べます。

同じ銀行から振り込んだりネットバンキングを利用して振り込むと振込手数料を安く抑えることができますので、上手に活用しましょう。

ローンズ学灯社の返済日は利用者側で設定可能

ローンズ学灯社への返済日は毎月1度、契約時に利用者側の都合の良い日を指定することができます。

通常は給料日の数日後あたりに設定しておくのがお勧め。返済に無理が生じにくくなります。

ローンズ学灯社は元金自由返済方式

ローンズ学灯社へは「元金自由返済」方式で返済していきます。これは毎月、利息以上の任意の額を支払っていくといった方式で、学生ローンではよく採用されています。

例えばローンズ学灯社で10万円借りたとすると、年率18.0%で1ヶ月目(31日後)の支払利息は1,529円になりますので、最低でもこの金額を支払っておけばOKです。

学生の場合、アルバイト収入は必ずしも毎月一定の金額が見込めるわけではないでしょうし、返済額が少額で済むのは有り難いという方が多いのではないでしょうか。

ただ、毎月1,500円ちょっとだけを支払っていったのでは、最初に借りた元金分の返済はほとんど手つかずになりますので、払っても払っても借金は丸々残るといった危険なパターンに陥ることなります。

ローンズ学灯社の最長返済期間は5年間(60回)ですので、仮に59回目まで利息分のみを返済し続けて最終回に全額返済したとすると、このケースの総返済額はざっと……

1,500円×60回+10万円=19万円

なんとほぼ倍(!)になってしまうのです。

ですので、もちろん「元金は就職してから一気に返済しよう」という考え方もアリではあるのですが、やはり利息分だけではなく、少しずつでも元金を返済していくのが良いでしょう。

元金の残りが減れば、支払わなければならない利息もその分だけ少なくて済むのですから。

ローンズ学灯社のメリットとデメリット

最後に、当ページのまとめとして、ローンズ学灯社のメリットとデメリットをご紹介します。ローンズ学灯社が本当にあなたのニーズに合うローンなのかを今一度確認する材料にしてください。

<ローンズ学灯社のメリット>
・学生を対象にしたローンのため、学生が利用しやすい
・高田馬場駅から近い立地でアクセスが良い
・長い歴史を持つ老舗業者なので安心感がある
・店舗に行くことなく全国から申込可能
・即日融資が可能
・自由返済方式なので最低限利息以上の金額を支払えば良い
・社会人も申込可能
・他社ローンの利用中でも可決情報がある

<ローンズ学灯社のデメリット>
・学生ローンとしては金利が高い
・総量規制の対象になる
・契約書類が郵送されてくる(店頭契約以外の場合)
・自動引落での返済には非対応
・ネット上に口コミが少なく様子がわかりにくい

ローンズ学灯社のメリットとデメリットをご紹介しました。

ご覧いただいたように、学生ローンとしては平均的なサービス内容ではあるものの、肝心の金利の高さがやや気になってしまうローンズ学灯社。

ただ、他社のローンを複数利用している方でも審査に通ったとの口コミから、ローンズ学灯社は、学生ローンの中でも比較的審査が柔軟であることが窺えます。

金利面から学生ローンが全く初めてという方にはお勧めしにくいのが実際のところですが、即日融資を希望する方や、2社目、3社目の学生ローンを探している方には、申し込んでみて損はない業者だと言えそうです。


 
 
 

PAGETOP